無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17🔞
승철
승철
アァ…もうらめッ




























その言葉を言ったあと




まるで死んだかの思うように




動かなくなった。


















多分、寝たんだろう

















俺はスンチョルが寝てるうちに




目隠し、手錠、バイブ


全て外し取った。


















そして俺はスンチョルを全裸でM字のまま
一人残して部屋を出た。