無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
23
2021/09/21

第1話

再婚相手の子供達
○○
○○
私は、○○
パパの再婚相手とその家族との同居生活の1日目です!準備をして後2時間に出発します!
○○
○○
パパ早く〜
パパ
パパ
あ〜ごめんごめん
あと少しだけ
車に乗って出発し約20分程で再婚相手の家に着いた
○○とパパ
○○とパパ
おじゃましま〜す
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
いらっしゃい
パパ
パパ
アレ?君達のママは?
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
お買い物行ってますよ〜!!
パパ
パパ
そうなんだ!ありがとう
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
ねね、君名前は?
○○
○○
わ、私??
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
うん!そうだよ!
○○
○○
私は、○○です!よろしくお願いします 。
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
○○か〜いい名前だね!
さぁさぁ上がって!
パパ
パパ
○○!
パパは、ママ待ってるから、お兄ちゃん達と一緒にいて!
○○
○○
お、お兄ちゃん???
パパ
パパ
うん!そうだろ!多分年齢知らんけど、
まぁとにかくあの子達と一緒にいて!
あの子達によろしく
○○
○○
了解です!
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
○○ちゃ〜ん
○○
○○
はーい!
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
上の階行こうよ!
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
着いてきて
○○
○○
は、はい!
○○
○○
あ、あの〜
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
ん??
○○
○○
あの、一人ずつ自己紹介をお願いします!
再婚相手の子供達
再婚相手の子供達
そうだね!
ナムオッパ
ナムオッパ
僕は、ナム
年齢は、20
ジンオッパ
ジンオッパ
僕は、ジン
年齢は、21
ホソクオッパ
ホソクオッパ
僕は、ホソク
年齢は、ナムと一緒で、20
僕達双子なんだ〜
ユンギオッパ
ユンギオッパ
僕は、シュガ
年齢は、19
テテオッパ
テテオッパ
僕は、テヒョン
テテって呼ばれてるから
○○もテテって呼んで〜!
ジミンオッパ
ジミンオッパ
テテお前年齢は?
67とか?!
テテオッパ
テテオッパ
あ!忘れてた(笑)
○○
○○
(笑)
テテオッパ
テテオッパ
あ!笑った可愛い〜
○○
○○
(照)
オッパ達
オッパ達
(照れてる〜可愛すぎる〜コレが僕らの妹か〜ヤバい!死ぬかも!(〃♥^♥〃キャャャア))
ジミンオッパ
ジミンオッパ
テ、テテ!お前早く年齢言えよ!
テテオッパ
テテオッパ
あ〜
年齢は、18
ジミンオッパ
ジミンオッパ
僕は、ジミン
年齢は、18
僕達もナムヒョンと、ホソクヒョンたちと一緒で双子だよ!
グクオッパ
グクオッパ
僕は、グク
年齢は、16
○○
○○
Σ(゚ω゚`*)
オッパ達
オッパ達
まさか○○も、16??
○○
○○
は、はい!
オッパ達
オッパ達
そうなんだ〜
グクオッパ
グクオッパ
○○!
○○
○○
はい?
グクオッパ
グクオッパ
何月生まれ??
○○
○○
3月ですけど、、、、、
グクオッパ
グクオッパ
ヨッシャー
○○
○○
???
オッパ達
オッパ達
よかっな、グク
グクオッパ
グクオッパ
はい!(。´´ิ∀ ´ิ)
○○
○○
どゆことですか?
オッパ達
オッパ達
あ〜
グクは、ずっと1番下だったからお兄ちゃんになりたかったんだよ!
○○
○○
そうなんですか、、、、、
グクオッパ
グクオッパ
う、うん(/// ^///)
○○
○○
(可愛い)
ナムオッパ
ナムオッパ
ねね、提案いい??
ナムオッパ
ナムオッパ
あのさ〜僕達兄弟何だから、敬語やめよ?
○○??どう??
○○
○○
分かった!
ジンオッパ
ジンオッパ
あと、○○今は、皆恥ずかしくて、僕とか言ってるけど普段は、だいたい俺って言ってるから、急に俺とか言った時驚かないでね!
○○
○○
了解👍
(ドアを開ける音)ガチャ
ママ
ママ
ただいま〜
オッパ達
オッパ達
おかえりなさい〜
パパ
パパ
おかえり
ママ
ママ
あら、もう来てたのね!
パパ
パパ
うん!
ママ
ママ
娘ちゃんは?
パパ
パパ
あそこ
ママ
ママ
え?!どこどこ
パパ
パパ
お兄ちゃん達に隠れてる子
○○は、知らない人だと思って、オッパ達に隠れていた!
あまりにも、怖くてジンオッパの服を掴む
ジンオッパ
ジンオッパ
(待って、、待って、、可愛すぎる、、、、)
ママ
ママ
あ!いた、いた!
ママが、○○に近寄ってくる、○○は、涙目になって、ジンオッパに抱きついた!
ジンオッパ
ジンオッパ
(可愛すぎる!天使すぎ)
ジンオッパは、○○を大きな体で抱えて、頭をポンポンした!
ジンオッパ
ジンオッパ
怖がらなくて大丈夫だよ!○○アレが、ママ!
○○
○○
(*´艸`*)クスクス…
ママ
ママ
こんにちは、○○ちゃん、
○○
○○
こんちには、、、、、、(小声)
ママ
ママ
可愛い〜(っ´>ω<))ω<`)ギュッ♥
オッパ達
オッパ達
((*´罒`*)いー(*´□`*)なー)
ママ
ママ
あんた達いいな〜とか、思ってるでしょ!
オッパ達
オッパ達
げ、!!
オッパ達
オッパ達
べ、別にそんなこと思ってねぇーし
ママ
ママ
嘘おっしゃい
顔に書いてあるよ!
テテオッパ
テテオッパ
誰が書いたの??
テテ意外が爆笑している
○○
○○
あ、あの〜
ママさん、苦しいデス!
ママ
ママ
あ〜ごめんね、あまりにも、可愛いから
オッパ達
オッパ達
(うん!うん!)
ママ
ママ
また、共感しちゃって〜
ママ
ママ
○○ちゃんを大切にね、
守ってあげるのよ!!
オッパ達
オッパ達
はーい🙋
ジンオッパ
ジンオッパ
○○〜ちょっとイイ?
○○
○○
う、うん
ジンオッパは、周りに誰もいないことを確認すると、、、
○○を抱きしめた
○○
○○
え?!
ジンオッパ
ジンオッパ
あ、これは、さっきのお礼
○○
○○
ん??私なんかした?
ジンオッパ
ジンオッパ
分からないならいいよ!
ジンオッパは、ニヤニヤしながら去っていった
グクオッパ
グクオッパ
ジンヒョンなんでそんなにニヤニヤしてるんですか?
ジンオッパ
ジンオッパ
べ、別に、にやけてなんかねーし
その後に、後ろから○○が来た!
グクオッパ
グクオッパ
○○!
○○
○○
グクオッパ
グクオッパ
ジンヒョンになんかされた?