前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1章 運命
6
2020/11/18 12:58
 午前7時、いつものように目覚ましがなる。と、同時にノックをされる。
「お嬢様、朝でございます。起きてください。」
「ん…おはよう、田中と笹川」
有栖川家の執事がメイドを引き連れ舞を起こしにくる。舞が起きると執事は食事の準備をしにいきメイドは舞の準備を手伝ういつもの朝。
「舞様おはようございます。本日はこちらの下着を着るようにと奥様から言われております。」
「そう…わかったわ。」
白い素材にフリフリのレースがあしらわれた下着をメイドが舞に渡す。下着を着け、支度が整うと食事をしにリビングへと向かう。
「今日の朝食は?」と舞が田中に問う。
田中はフライパンを扱いながら「本日も和食でございます。」と言った。舞は「朝はフレンチトーストがいいってゆってるのに。」と呟いた。
「おやおや、いけませんよ。旦那様と奥様はお嬢様のことを思ってるのですから。」とゆう田中に舞はため息をついた。
舞の両親は有名ホテルをいくつも経営をしている。舞は幼い頃から何でもかんでも決められた人生を送ってきている。学校、友人、結婚相手…着る服や食べるものまでも決められてきてそんな毎日に舞は嫌気がさしてきていた。まだ高校生だとゆうのに許嫁までいる。友人も決められたがその友人は友人とゆっていいのか分からないほど話が合わない…学校も行きたい道へは行けず

 午前7時、いつものように目覚ましがなる。と、同時にノックをされる。
「お嬢様、朝でございます。起きてください。」
「ん…おはよう、田中と笹川」
有栖川家の執事がメイドを引き連れ舞を起こしにくる。舞が起きると執事は食事の準備をしにいきメイドは舞の準備を手伝ういつもの朝。
「舞様おはようございます。本日はこちらの下着を着るようにと奥様から言われております。」
「そう…わかったわ。」
白い素材にフリフリのレースがあしらわれた下着をメイドが舞に渡す。下着を着け、支度が整うと食事をしにリビングへと向かう。
「今日の朝食は?」と舞が田中に問う。
田中はフライパンを扱いながら「本日も和食でございます。」と言った。舞は「朝はフレンチトーストがいいってゆってるのに。」と呟いた。
「おやおや、いけませんよ。旦那様と奥様はお嬢様のことを思ってるのですから。」とゆう田中に舞はため息をついた。
舞の両親は有名ホテルをいくつも経営をしている。舞は幼い頃から何でもかんでも決められた人生を送ってきている。学校、友人、結婚相手…着る服や食べるものまでも決められてきてそんな毎日に舞は嫌気がさしてきていた。まだ高校生だとゆうのに許嫁までいる。友人も決められたがその友人は友人とゆっていいのか分からないほど話が合わない…学校も行きたい道へは行けず諦めるしかなかったのだ。
朝食を食べ終わると白いリムジンに乗り込んだ。舞の家から学校までは車で1時間ほどかかる。行きたくない学校へ行き友人とは言えない友人と話すそんな一日が始まるのかと思うと憂鬱な気分になった。
「お嬢様、着きましたよ。ではまた18時にお迎えに上がります。」と運転手がゆうと舞は頷き教室へと向かった。
18時過ぎ、舞は校門で運転手を待っていた。いつもなら17時50分には来ているはずなのに今日は遅れてるみたいだ。まだかなと待っているとスマホが鳴った。出てみると父からで今日はお迎えが遅れているらしく仕方ないので学校のテレビ付き自習室へと向かった。
自習室に着くと誰もいなかった。舞は英語の勉強をしようと席につき教材ビデオを観るためにテレビをつけた。すると恋愛シミュレーションのCMがやっていた。いつもはテレビなんて観ないでDVDのチャンネルに変えるのだが何故だか今日は見入ってしまった。15秒程のCMが終わっても舞は口をあけたままぼーっとしていた。数秒経つと我にかえり急いで教材DVDを付けた。しかし、さっきのシミュレーションゲームのことが忘れられず勉強に手がつけられなくてあっとゆう間に19時を回っていた。
19時を回ると父から電話があり運転手が校門前に到着したと連絡が入った。舞は急いで校門へ向い車に乗り込んだ。車に乗り込んでもぼーっとしており心配した運転手が「大丈夫ですか?お嬢様」と言っても反応出来なかった。少し間をおいて「え、ええ、大丈夫よ。」と返す舞。1時間後ようやく家に着くといつものように執事たちがお出迎えをしてくれていた。しかし、舞は何も言わずに部屋に戻った部屋に戻るとパソコンで急いで恋愛シュミレーションゲームについて調べた。幸いなことに舞のパソコン、スマホはGPS機能がついているだけで監視はされていない。なので安易に検索できインストールが出来た。
この恋愛シュミレーションゲームは若い子達に人気のゲームで主役は自分であり恋する相手を自分好みにカスタムできて最終的には結婚ができるゲームだ。舞は嫌気がさしてた毎日に光が灯ったような運命を感じながらさっそくインストールをした。

プリ小説オーディオドラマ