無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

近づく心
夏恋
夏恋
えっと…じゃあ悠心よろしくね…!
悠心
悠心
あぁ、よろしくな
                          近くの河原に座る
夏恋
夏恋
悠心は、どこら辺に住んでるの?
悠心
悠心
あそこの角を曲がったとこだよ
夏恋
夏恋
へー、そうなんだ
悠心
悠心
夏恋は、どの辺に住んでるの?
夏恋
夏恋
東京の調布のマンションだよ
悠心
悠心
そうなんだ、ザ・都会って感じだな
夏恋
夏恋
そう?
悠心
悠心
いや、新潟と比べてみろよw
夏恋
夏恋
うーん、まぁ、そうだけど
慶
おっ、あれ悠心じゃね
貴
あっ、ほんとだ!
貴
彼女かな?w
慶
そうなのかな?
貴
声かけよっかな
慶
おいやめろよ
貴
おーい!悠心!
慶
おっま、ばか
悠心
悠心
えっ、慶それに貴まで!?
貴
もー、水臭いな!彼女いるなら、言ってくれればよかったのに!
夏恋
夏恋
か、彼女!?
悠心
悠心
彼女!?
夏恋
夏恋
(それは、ほぼ同時だった)
貴
ほらー、行きもぴったりじゃん!
 そこから、ひたすらからかわれ続ける羽目になった