無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2度目の再会
夏恋
夏恋
おばあちゃん、ちょっと散歩行ってくるね
夏恋のおばあちゃん
分かったよ。気を付けるんだよ
夏恋
夏恋
はーい!いってきまーす
夏恋
夏恋
(へー、こんなとこもあるんだ…)
夏恋
夏恋
(まぁ、最後に来たの結構前だもんね)
            きーっ
夏恋
夏恋
(あっ、あれさっきの…)
悠心
悠心
荷物ここ置いときますね
夏恋
夏恋
(あの人、顔が広いなー)
夏恋
夏恋
(あっ、目が合った)
夏恋
夏恋
こ、こんにちは…
悠心
悠心
あっ…どうも…
夏恋
夏恋
(話し続けた方がいいよね…?)
夏恋
夏恋
き、今日、天気いいですね…!
悠心
悠心
ぷっ、あははは、そんな無理しなくていいですよ
夏恋
夏恋
(えっ、バレてた?)
夏恋
夏恋
いやいや、そ、そんなことは!
悠心
悠心
いや、無理してるでしょ、絶対
夏恋
夏恋
(気難しい人だと思ったけど、案外気さくな人だな~)
悠心
悠心
夏恋さんは、俺と同い年って事は、中2?
夏恋
夏恋
えっ、あっ、はい!悠心さんもですか?
悠心
悠心
うん、悠心でいいよ。俺も、夏恋でいい?
夏恋
夏恋
はい…!
悠心
悠心
よろしくな、夏恋