無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
58
2021/03/14

第8話

続き
ドアの前には、仕事着を着た2人がいた
中原中也
中原中也
遅ぇ、さっさと行くぞ
(なまえ)
あなた
はいはい
そう適当に返事する


今日の仕事は紅ファミリーとの交渉だ


どうやら、最近あのファミリーはヤクの取り引きを頻繁にしているらしい


まぁ、紅ファミリーはポートマフィアが助けてるから、見逃すと思ってんのかもな


こっちとしては、変な噂立てられっと困るし


面倒だけど、僕に断る権利はないから


神倉美琴
神倉美琴
あっ!夏目先生こんにちは‼︎
(なまえ)
あなた
ん?あぁ、こんにちは。どうしたの?
神倉美琴
神倉美琴
あのね、先生にプレゼント!
そう言って美琴ちゃんは灰色と紫色のミサンガ。そして、可愛らしい手紙だった。
(なまえ)
あなた
いいの?ありがとう美琴ちゃん
神倉美琴
神倉美琴
えへへ!バイバイ先生、お仕事頑張ってね‼︎
そう言って美琴ちゃんは走って行ってしまった。


元気ももらったし、頑張らないとな
暮和 日月
暮和 日月
キツネちゃ〜ん?早くしないと置いてくよ〜?
(なまえ)
あなた
あぁ?今行くから待ってくれ
そう言って2人の後ろを走って行く。


そう言えば……


なんで美琴ちゃんは僕が仕事ってわかったんだ?


そんな疑問を残しつつ、紅ファミリーのところへ向かう。










そんな自分の考えに、後悔しても遅いけど……