無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

203
2021/02/20

第2話

続き
結局僕ら誰にも愛されたことなどなかったんだ



そんな嫌な共通点で



僕らは簡単に信じ合ってきた
君の手を握ったとき微かな震えもすでになくなっていて



何にも縛られないで2人



線路の上を歩いた



金を盗んで



2人で逃げて



どこにも行ける気がしたんだ




今更怖いものは僕らにはなかったんだ



額の汗も



落ちたメガネも


少女
少女
今となっちゃどうでもいいさ
溢れ者の



小さな




        逃避行の旅だ


少年
少年
いつか夢見た優しくて
少年
少年
誰にも好かれる主人公なら
少年
少年
汚くなった僕たちも見捨てずにちゃんと救ってくれるのかな?
少女
少女
そんな夢なら捨てたよ
少女
少女
だって現実を見ろよシアワセの
少女
少女
4文字なんてなかった、今までの人生で思い知ったじゃないか
少女
少女
自分は何も悪くねぇと、誰もがきっと思ってる

あてもなく彷徨う蝉の群れに



水もなくなり揺れ出す視界に



怒れ狂う鬼達の怒号に



馬鹿みたいにはしゃぎあい



ふと君はナイフを取った

少女
少女
君が今までそばにいたからここまで来れたんだ。
少女
少女
だからもういいよ、もういいよ
少女
少女
死ぬのは私1人でいいよ