第7話

7🪶
2,499
2022/09/24 18:02








キラキラして場違い感が否めない空間













ヴィル
あなたは毎日美容でもしているのよね?じゃないとその肌毎日は保てられないわ
あなた・キルヴェ
僕はあまり美容に関心がないので気にかけたことないのですが…
あなた・キルヴェ
自作のオイルを塗ることは心がけていますね
ヴィル
…自作…?
ルーク
なんと!自らの力で材料を作り出し美の足しにする…これは実にトレビアン!
あなた・キルヴェ
自作とは言っても勉強で得た知恵を使ったオイルで…
ヴィル
ぜひそのオイルについて詳しく聞かせてちょうだい






放たれるキラキラオーラ






というわけで断れる訳もなく










あなた・キルヴェ
もちろん










軽く1時間







自分で作ったオイルや美容関連の会話を長々と話しながらも食事をとっていた






あなた・キルヴェ
________というわけなんです
ヴィル
…なるほどね…
(短い時間で惹かれたのは初めて…)
ヴィル
私も色んな化粧水や美容用品を使ってきたけれどここまで興味深いのは久々ね
あなた・キルヴェ
そこまで気に入っていただけたなら1週間お試し用の小瓶差し上げましょうか
ヴィル
本当に…?
ヴィル
あなたが構わないなら喜んで頂くわ
あなた・キルヴェ
君はどうします
ルーク
私はあなたの姿を眺めるだけで美化されている気分さ
ルーク
でも確かに気になるね、1つ頂けるかな
あなた・キルヴェ
今は持っていないので明日渡しに行きます





というか、僕を見たら美化される気分になるってどういうこと…?




ヴィル
もうこんな時間だけど大丈夫なの?




時計の針が9時を指そうとしている




あなた・キルヴェ
そろそろお開きにしましょうか、明日も早いので

















寮前にて














ヴィル
今日は有意義な話ができて良かったわ
あなた・キルヴェ
こちらこそ
ルーク
是非ともまたうちの寮に来てもらいたい、いつでも私たちは歓迎するよ!
ルーク
またあなたの美しさを見せていただきたい
あなた・キルヴェ
僕からすれば君たちの美的センスには負けますよ
ヴィル
今でも十分綺麗なのはわかっているわよ。でも更に上を目指すためにも頑張らないと
あなた・キルヴェ
向上心があって良いですね、僕はそういう人好きですよ
ヴィル
…(スキデスヨ?)
あなた・キルヴェ
ではまた明日






















ヴィル
ルーク、いま私告白されたのかしら
ルーク
ヴィルのような人物が好きと彼は言っていたね、つまり君は好かれていることになる
ヴィル
…いや、あの人がサラッと出す言葉は危険よ
ヴィル
無自覚って本当困ったものね





















翌日



















あなた・キルヴェ
…(まず最初は2年D組でトレイン先生の授業か)






ファイルにまとめたスケジュールを確認しながら中庭を歩く








ふと視線を上げた




あなた・キルヴェ
…?




あと少しで授業というのに1人の生徒が座ってボーッとしている






これも補佐の仕事のうち






あなた・キルヴェ
君



「んー?」




あなた・キルヴェ
あと数分で授業始まるのに何してるんです_____







立ち上がった生徒が顔を近づけてマジマジと顔を見つめる






フロイド
見ない顔だね〜、制服じゃないから先生?
あなた・キルヴェ
いえ、先生に近いですが先生じゃないです
フロイド
…もしかしてジェイドが言ってた人?学園のなんかをしてるって言ってた
あなた・キルヴェ
簡単に言えばサポートですよ、そんなことよりも授業に行かないと
フロイド
えー、でもアカイカせんせぇの授業眠くなるんだよ?
フロイド
しかもすっげーつまんねーし
あなた・キルヴェ
誰だってそう思ってますよ…、まだここに居座り続けるつもりです?
フロイド
そんなに言うならさ
フロイド
ギューって絞めさせて
あなた・キルヴェ
…





絞めさせてなんて初めて言われたわ








でもそれで動くなら引き受けるしか方法が…





あなた・キルヴェ
…良いですよ
あなた・キルヴェ
ただ授業後ですよ。もう時間が無いので
フロイド
は〜い♪








なんだか大きい犬を拾った気分だ









プリ小説オーディオドラマ