無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prolog


僕が













君の「大丈夫」の意味に











気づいていたら











君は僕から離れて行かなかった?











後悔しても






もう











おそい?











こんなことを思うのは


























もう何回目?