無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

old times Eight



勝利side


その日から君は




きっと僕に心配かけないよう








楽屋に居るようになったけれど







話に入ってくることはなかったね






健人)なー久しぶりに焼肉行かね?


風磨)いいねぇー


聡)マリ行くよね?


マリ)もちろん!


なな)私もいくよーーーーーー


健人)勝利は?
















えっ?健人君今僕の名前しか呼ばなかった?









なんで?あなたは?なんでなの?











勝利)うん、行くよ!
あなたは?














行くよ………ね?















あなた)あーごめん用事ある…


勝利)そっか、じゃぁ…


なな)早くー勝利!グイッ


風磨)もー遅いぞ笑


聡)どこ行く?


健人)焼肉って言ってんじゃん笑笑


聡)あっそっかー


なな)もおーー笑



















ねぇ?あの時僕が無理矢理にでも君といたら





































こんなことにはならなかった?

























君はどんな顔で






























僕達をみていた?