無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

now Four



勝利side



勝利)あなたっ!



その時振り返った君は






まるで







立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花










そんな言葉が似合う姿だった














あなた)勝利






勝利)ごめん、遅くなった





あなた)ううん、気にしないで






勝利)ちょっと歩こっか










あぁ懐かしい












君のその横顔









8年前とは大違い














すっかり大人の女性











あなた)ねぇ?勝利?
聞いてくれる?





勝利)もちろん













そこから君は










僕が思ってもなかったことを























話始めた