無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
386
2020/09/08

第31話

you 17。
私が記憶を取り戻してから丁度1週間後。

頭の中や気持ちの整理も付いて、

これからについて考え始めた時に

坂田君から呼び出された。

それは体育祭1週間前のこと。
(なまえ)
あなた
どーしたの、坂田君?
ここ数日、彼の様子も気になっていた。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
あなたセンパイに……
大事な話があんねん。
(なまえ)
あなた
大事な…話?
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
そ。俺な、見てしまってん。
……うらさんから
あなたセンパイへの告白。
(なまえ)
あなた
え…。
……あれ、見られてたのか。

何か恥ずかしいな…。

でも何でそれが大事な話に?
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
でな、俺うらさんと前に
恋バナしたことがあって。
その時うらさんから聞いた
好きな子の過去が酷くてさ……。
その好きな子がセンパイなんやろ…?
私の過去。

坂田君が知りたいのはきっとそうだ。
(なまえ)
あなた
私の過去を……知りたいってこと…?
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
そうや。……その様子だと、
話したく…ないんか…?
(なまえ)
あなた
……あんまり聞いていて
気持ちのいいものじゃないよ?
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
…大丈夫。俺、センパイのこと
分かった気になってた。
今度こそちゃんと知りたいんや。
真っ直ぐな瞳。

私は彼が時折見せるこの瞳が好きだ。

いつもと違って真剣な声。

ふと私の頭をよぎった

「過去を話したら人に嫌われる」なんて言う

気持ちは彼の態度を見たら打ち消された。
(なまえ)
あなた
……いーよ。
私は自分の過去を坂田君に話した。

元母親からの虐待に両親の離婚、

虐待のショックで中学の時の記憶を

全て失い、この間思い出したこと。

ショッキングすぎる内容に

坂田君は瞳を揺らしながらも

真剣に聞いてくれた。
(なまえ)
あなた
………それでね、当時の私には
好きな人がいたの。
それが_________うらた君。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
…!………そのことを、
思い出し…た……今も………。
うらさんのことが……好きなんか…?
(なまえ)
あなた
さ、坂田君…?
告白を見られていたのならいいだろうと

当時の好きな人を言うと

坂田君はその大きな目から涙を溢し始めた。

私は予想外の反応に慌てる。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
…っあ、ごめんなさい…何でもない。
………ありがとう、センパイ!
ちゃんと話してくれて。
俺、スッキリしたわ‼︎
(なまえ)
あなた
う、うん……良かった…。
坂田君は直ぐに涙を拭って

いつも通りの笑みと大声を発した。

それは彼の本心からのものでも、

必死に繕っているようにも見えた。


「良かった」なんて口では言っても私は心配だった。

私のことを知ろうとしてくれた彼のことを、

私はどれくらい知ってるのだろうか。

彼の涙の意味を、

どれくらい理解してあげられるのだろうか。