第6話

✞6
678
2021/06/12 03:28
あなた

あ、いた

あなた

爆豪発見

轟焦凍
お前…!!
爆豪勝己
テメェ…
あなた

あ、私の事知ってるんだ

あなた

いつもいつも無視だから気づかなかったよ

私のいる所には轟と爆豪。
轟は誰かをおぶってるみたいだけど
ストレスって、全部ぶつけても、私には何もならないから、別にいいよね?
あなた

お前らのせいで私はヴィランになったんだ

あなた

なんでお前らが私を無視したのかなんて知った事じゃない

あなた

やっぱ雄英よりヴィラン連合の方がよっぽど居心地いいよ

あなた

ほら、爆豪もおいで

あなた

お前はこっちに居ていい存在だ

あなた

羨ましいよ

私が一方的に話を進める。
2人はすぐに戦闘態勢。
だが、戦っていい命令は出てないから、
私に個性を出す事なんてない
あなた

2人は、特別だもんね

爆豪勝己
黙って聞いてりゃ何言ってんだァ?テメェ
爆豪勝己
意味わかんねェんだよッッ!!
轟焦凍
なんで俺らがお前を“無視してたか知らない”
轟焦凍
“彼奴ら全員分かってねぇ”
轟焦凍
自分が何故人を追い詰めてんのか
轟焦凍
ヒーロー志望なのにな
あなた

「お前は雄英に要らない」って言いたいんでしょ?!
ねぇ!!!言えよ、!!!!

どれだけ私が苦しんだか。
お前らは分からねぇよな。
あなた

………今頃みんなヴィランに殺されかけてる

あなた

お前らの相手が私で良かったね

私は、2人に向けててのひらをむける
あなた

ねェ、半殺し、されてミヨ?

個性発動は相手に掌を向け、こう言う
あなた

『戯骸』

そうすると、2人は、地面に膝を着いた
爆豪勝己
何しやがったッ…!!!
あなた

わかんない?君達の自由を奪ったの

あなた

ねぇ、身体が言うこと聞かないでしょ?

あなた

背中から圧を掛けられて動かないの

あなた

そのまま圧死してしまえば良いのに

復讐しか頭になかった。
嫌だった。
普通にヒーローになろうとしてる此奴らが
あなた

黒霧さんが来るまで待ってよね。
爆豪は連れて帰るから

そう言って私はナイフを取り出した
───────────────────────
中間テストの順位が悪かったためスマホの制限が毎日9時までとなります。
期末で良い順位ならまた深夜まで使えるんですけど…
私馬鹿なので☆
国語:65
数学:45
英語:60
理科:46
社会:51

約140人中96位

70位に入らないとなんですよ…
八百万百
勉強は努力!スマホなんて見ていたらなにも出来ませんわ!
そうだよねヤオモモ
俺頑張るよ

プリ小説オーディオドラマ