無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8話🐈
ご飯食べてものすごく眠たいです()
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
んにゃぁ…
ジョングク…?とりあえず拾ってくれた人に近寄って腕に自分の顔を擦り付ける
ジョングク
ジョングク
ん?どしたの?
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
( ¯꒳¯ )ᐝ
ジョングク
ジョングク
…眠いの?
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
にゃっ…(うん)
ジョングク
ジョングク
ん〜猫用のベットとか無いし…
いやいや毛布の上でいいです((
結局
ジョングク
ジョングク
ごめんね…
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
ふにゃっ…
この人のベットで寝ることにしました()
ジョングク
ジョングク
ふふ、おやすみあなた
そう言ってジョングクさんは私の口に




















チュ__
というリップ音をたて寝てしまった
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
(え…)
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
(キスされた…?)
見た目猫だけど中身人間です。



そしてファーストキスがジョングクさんなんて思いもしなかった。
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
(恥ずかしいから…もう寝よ…)
でもさっきのキスを思い出して寝れなかったのは言うまでもないよね。