無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

29話🐈
ジョングクさんが歌い始め私の目の前は「きゃー!!!」という歓声とともに一気に明るくなった
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
(え...)
人...めっちゃ多いじゃん...
どうしたらいいのか分からなくて
ずーっと固まってたら
もう歌終わってたみたい☆()
で、今なんか雑談タイムみたいなやつになってます()
ジミン
ジミン
ARMY〜!!
ARMY
きゃー!!!
ジミン
ジミン
今僕の手にいるこの猫ちゃんは
ジミン
ジミン
最近みんなで飼い始めた子です✨
ジミン
ジミン
タニと仲良いもんね?あなた
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
(。_。`)コク
そうするとジミンさんは私をステージに降ろし...
ジミン
ジミン
ちょっとだけタニと遊んできな〜✨
そう言ってくれたので
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
にゃっ!
ダッシュでタニのとこ行きました((
でも...まだタニはテヒョンさんに降ろされてなかったみたい
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
にゃぁ…
テヒョンさんの下で座りながらタニが降ろされるのを待つけど降りてくる気配がない()
そしたら...
ジョングク
ジョングク
あなた〜♡
ジョングクさんが私を抱きかかえ
タニの隣に行かせてもらいました✨
そしたらタニは…
ヨンタン
ヨンタン
( ˘ω˘ )スヤァ…
はい寝てました((