無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話🐈
〜翌日〜
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
にゃぁ...
少し空いたカーテンから外を確認するとまだ少し暗かった
その時








ピピピピ ピピピピ⏰🎶
とアラームがなった。





だけどジョングクさんは全く起きる気配が無い
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
にゃぁ!(起きて!)
鳴いても全く起きません()
こうなったら...!
カプッ(耳噛んだ)
ジョングク
ジョングク
ん、ん〜...?
起きた...?!
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
にゃぁ!
ジョングク
ジョングク
ん〜...?あなたが起こしてくれたの?ありがと...
眠そうな目をこすり、私を抱きかかえリビングまで行くジョングクさん
ジョングク
ジョングク
ん〜...朝ごはん...
昨日のいちごがまだあるけど...食べる...?
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
にゃ!!(うん!)
ジョングク
ジョングク
朝から元気いいねぇw
〇〇ちゃん
〇〇ちゃん
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
ジョングク
ジョングク
ふふ、たくさん食べてすくすく育ってね〜♡
私は幸せ者です()