無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

587
2020/09/12

第22話

THEMUSICDAY
あなたside
気づいたらもうMUSICDAYの時期になってました、佐藤です
ねえ、時の流れ早くない?
私1番嬉しかったの聡ちゃんに会える事なんですけど、まあ忙しいので番組終わってからにしよーかなと
「こんちゃー」
涼介「こんにちはの時間ですらないよ(笑)」
「え?うそ」
侑李「あれ、遅かったね」
「クイズしてた」
宏太「お、きたきたー」
慧「何、クイズしてたって?優勝した?」
「オンエアをお楽しみに」
メイクさん「あなたちゃん?衣装着替えてねー?あと髪の毛とメイクやるから来て」
「わかりました!早急に着替えますー!」
ニヤニヤし出したうちの男どもを全員外に出してさっさとメドレーの衣装に着替えてメイクを終えてスタジオへ
水卜アナ「あ、あなたちゃんお久しぶりー!」
「みとちゃん!!やだ可愛い♡︎」
水卜アナ「可愛くない(笑)もうちょいで映るの?」
「そだよん(笑)あの提供のロゴの裏側に(笑)」
スタッフさん「カメラ来ますよー!3、2、1」
「やっほー!!」
裕翔「やほやほ!(あなたの頭ポンポン)」
中島「恋愛映画のワンシーン!!」
中島のケンティーの一言で切れたカメラ。
岸「あなたちゃん!間に合ったんですね!」
「もちろん。無遅刻無欠席が取り柄」
永瀬「ガハハ(笑)」
「笑い方しんどい(笑)ひぃ(笑)」
永瀬「…言うてあなたちゃんも引き笑いやばいです」
「真顔やめい」
笑い方で騒ぎ、いつの間にかオンエアスタートしててスタジオから1回出されました
「平野いないの?」
永瀬「さっきいましたよー。海人、紫耀は?」
髙橋「あ、あなたちゃーん!!」
「かいちゃーん!!」
永瀬「…聞いてへんな、これ」
髙橋「んで?何だって?」
「平野」
永瀬「紫耀おらんて言っとる」
神宮寺「あなたちゃんの通訳やってる(笑)」
平野「ワーオ、サンミツ」
「ひらのー!!!好き、大好き!」
平野「…どーしましたか、頭打っちゃった?」
「打ってない、言ってみたかった」
平野「可愛いから恋するとこでした」
「今度ご飯食べに行こ」
平野「いいですよ、奢ります。お店探してくれれば」
スタッフさん「平野さん永瀬さん岸さん、中島さんマリウスさん佐藤さん、薮さん中島さん佐藤さん八乙女さん伊野尾さんスタンバイお願いします!」
裕翔「中島2回呼ばれた」
「佐藤も2回だよ」
佐藤「噂の佐藤です」
中島「もう1人の中島です」
アホな会話するなと誰かに睨まれたのでスタンバイ
ちなみに私はシンデレラガール歌います
水卜アナ「ここからはジャニーズシャッフルメドレーです!まずは…」
「キミはシンデレラガールmy precious one」
歌い出しは私の担当なんでキッチリと歌って、サビもちゃんと歌いきり任務完了!
ほかのメンバーを見ながらラストのスタンバイをしていると
永瀬「チッ(ニヤニヤ)」
「え、舌打ちしながらニヤけてる」
平野「そういう奴です、廉は。あなたちゃんシンデレラガール最高でした!」
そう言いながら奥へ走っていった平野を見届けて、ラストも歌いきりました
水卜アナ「さあ、お次はHey! Say! JUMPです!」
「お願いしまーす!!」
羽鳥アナ「山田さん、その手に乗っている物は?」
涼介「えーこれはドローンですね!」
ほいっとドローンを飛ばしていると
裕翔「これは山田の脳が動かしていて、映像は山田の視覚神経へ行ってるんです」
と小ボケをかます裕翔
楽曲に入ればみんな真剣に踊りながら歌って…
涼介「Hellofriends涙は終わりの合図じゃない 明日へ繋ぐ虹の架け橋」
綺麗な歌声を聞いて、全力で楽しめるステージが大好きだなって思った今日