無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

733
2020/06/25

第19話

リモート飲み会
あなたside
今からリモート飲み会するらしいよ、うん←
ちなみにあたしもなんか誘われてましたねぇ
出る予定無かったのに…
プルルルル📞
電話かかってきたぁ(泣)
あなた「なんでしょうか」
永瀬「落ち込んでますやん(笑)飲み会強制参加ですからね!」
あなた「やぁだ。永瀬なんとか言っといてよ」
永瀬「いや、無理です。男だらけだとむさ苦しいじゃないですか」
あなた「可愛い男もいるでしょーよ。髙橋海人とかぁ」
永瀬「アイツ今日来ますよ?だからあなたちゃんも一緒にリモートしましょう」
あなた「えぇ…」
永瀬「んじゃあ、逆に聞きますね?」
あなた「うん」
永瀬「なんでリモート飲み会嫌なんですか?」
あなた「部屋汚いから。あとね、酔うとヤバくなる」
永瀬「部屋はぁ、俺も汚いです(笑)まあ、下着は片付けておけば大丈夫です!酔わない程度に飲めばいいんですって(笑)まさか酔うつもりですか?」
あなた「フハッ(笑)下着なんてないわ、変態!あ、言うの忘れてた。お酒ない(笑)」
永瀬「えぇー…ほんま、何してるんですか…」
あんまりにも落胆した様子の永瀬。
可哀想になってきた私は
あなた「わかったわかった、参加すればいいんでしょ?」
永瀬「ありがとうございます!19時からなんでお願いしますね!」
ブチッと電話が切れ、色々と準備を済ませた私は19時、LINEグループで行われているリモート飲み会に参加した
あなた「やっほー」
永瀬「あなたちゃん!ガチで来てくれたんですね!嬉しいです」
あなた「来いって言ったの永瀬でしょ(笑)」
髙橋「あなたちゃんー、この間の面白い話聞いてくださいよー」
あなた「え、聞きたい!教えt」
永瀬「あ!山田くん!」
涼介「え、なんかKing&Prince多くね(笑)」
あなた「いや、Hey! Say! JUMP勢も変わらんぞ」
涼介「2人ずつだもんな(笑)あとね、これから中島も来るらしい」
あなた「どっち?!」
中島「やほー!あっ、あなたちゃんっ!」
あなた「ラブホリの方ね(笑)」
髙橋「これで全員ですよねっ?!」
中島「そーだよ」
永瀬「乾杯しましょ!かんぱーい!」
あなた「かんぱーい」
涼介「かんぱーい!永瀬何飲んでんの(笑)」
永瀬「ほろよいです」
あなた「ひいっ(笑)」
中島「いや、あのあなたちゃん?しっかりしてください?」
髙橋「ふふっ(笑)待って、廉とお酒同じ(笑)」
あなた「え、そなの?何味?」
永瀬・髙橋「ハピクルサワー味です」
涼介「そこ被せないで(笑)」
中島「なんか可愛い(笑)」
あなた「そういや、海ちゃん、面白い話って?」
髙橋「あ!忘れてました(笑)あのですね、この間廉がぁ」
永瀬「おい、お前それは良くない」
あなた「そーいうこと言われると気になるのが人間だよ永瀬」
涼介「そーだよ永瀬」
中島「あーあ、気になって朝も起きれないわ」
あなた「いや、朝は起きなさい!夜寝れないのは分かるけども!By勝利」
中島「あなたちゃんサイコーです!By勝利までちゃんと付いててナイスすぎます(笑)」
髙橋「それでぇ、楽屋の前の廊下で急に止まってるんです(笑)顔青くして(笑)」
永瀬「お前ほんまだるいって」
髙橋「なんと!靴で変な虫踏んでたんです、しかも新品の靴で(笑)」
あなた「しんど(笑)泣けるわそれ」
中島「元気だせ永瀬」
涼介「地味に韻踏んでる(笑)」
この後もひたすら謎メンバーで笑い合いながら飲み会しました!
案外楽しいね、うん