無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

279
2020/10/11

第23話

えぴそーど ないん/優しさ。
urt.
大丈、、、
urt.
夫じゃなさそうだな、
扉を開けながら声をかけてくれていたものの

私を見た瞬間に言い直した。
あなた
えっと、いや大丈夫ですよニコッ
慌てて笑顔を作ってそう答えた。
urt.
そか、
と言いながら何も聞いてこないのは

きっと浦田さんの優しさだと思う。

初めて会った人にでも優しく出来るって

簡単なようで難しいと思うんだけどなぁ、、、

と何も聞いてこないでいることを

良いことにぼーっと考えてみた。

でも 答えは見つからなくて

きっと今までの環境が作り上げてきたんだろうな、

私とは大違い、

そんなどうでもいい結論に辿り着いたところで

思い出したように口を開いた。
あなた
お兄ちゃん、どうですか、、、?
迷惑たくさんかけちゃってるなぁと思いつつ

こたえが返ってくるのを待つ。
urt.
あぁ、あいつなら申し訳なさそうにしてたよ、
あなた
そうですか、、、
良くないことしちゃったな、と思った。

今回に関しては100私が悪い。

謝らなきゃ、

でも そう思うと気が重い、、、

そんなことを考えていると

また 部屋の扉が開いた。