無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

ディノウジ リクエスト
ウジ
ウジ
んぐぅ…!ぐふっ…!
ディノ
ディノ
はぁ…♡はぁ…♡ヒョン…♡
ディノ
ディノ
もっと…もーっと僕の舐めてよ…ほらぁ…
ウジ
ウジ
ぐふっ…!
僕はジフニヒョンが大好きだ。
ジフニヒョンも僕が大好きだ。
なのに…
ヒョンは他の男と遊びに行ったり、僕の気持ちも知らずに嫉妬させるようなことを平気でする。
だから今はお仕置き中♡
ウジ
ウジ
げほっ…やめで…っあぁ!
ディノ
ディノ
なんでやめなきゃいけないの?ヒョンが悪いんだよ?
ウジ
ウジ
あれは…っ友達だから…っあ
ディノ
ディノ
僕が嫉妬深いの知ってて遊びに行ったんだよね?
ディノ
ディノ
黙って股開けよクソビッチ
ウジ
ウジ
ひっ…
僕を見て震えながら怯えるヒョン。
ディノ
ディノ
あぁ…♡そんな顔しないでよ…♡興奮してきちゃう…♡
僕はヒョンの股を開き、中にバイブを突っ込んだ。
ウジ
ウジ
あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙♡♡♡♡
ウジ
ウジ
ら"めぇぇぇぇ♡♡♡♡ああああああああぁぁぁ♡♡♡♡♡
ディノ
ディノ
ヒョン…こんなエッチなところあいつに見せたの?
ディノ
ディノ
ヒョンのだぁいすきなおっきいおちんちんいれてっておねだりしたの?
ディノ
ディノ
あいつなんかよりも僕のほうがずっとずっとおっきいのに?
ウジ
ウジ
ちがうぅぅぅ♡♡♡♡あいつとはしてない♡♡♡ちゃにとしかしてないかりゃぁぁ♡♡♡
ウジ
ウジ
これやだぁぁ♡♡♡ちゃにのじゃなきゃいやぁぁぁ♡♡♡♡ちゃにのいれてよぉぉ♡♡♡
やばい…ゾクゾクしてきた…♡
ディノ
ディノ
入れられたいの?ヒョン…
ウジ
ウジ
いれられたい♡♡♡はやくほしいよぉぉ♡♡♡♡おちんちんいれてぇぇぇ♡♡♡♡
ほんとは今すぐにでも入れたいけど、まだ入れてあげない。
かわいいヒョンをもっともっと見たいからね…
ディノ
ディノ
ふっ…まだだーめ
ウジ
ウジ
へっ…?
僕はヒョンのアナからバイブを抜くと、ヒョンのアナに舌を這わせた。
ウジ
ウジ
あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙?!♡♡♡
ウジ
ウジ
らめらめらめぇぇっ♡♡♡きたないかりゃあ♡♡♡なめないれぇぇ♡♡♡
ディノ
ディノ
ん…じゅるるっ
ヒョンのアナは甘くてドロドロで…
舌で思いっきり舐めたり、舌先でアナの表面をくりくり舐めたり…
ウジ
ウジ
あああんひぁぁん♡♡♡やぁぁぁんあぁっ♡♡
ウジ
ウジ
ひぁぁぁっ?!♡♡♡
ヒョンのアナに舌を入れると、ヒョンは甘い嬌声を上げる。
ウジ
ウジ
ああぁぁぁぁぁ…♡♡♡♡ぐりぐりしないれぇぇぇ…♡♡♡
このキツキツ感がたまらない…っ♡
ディノ
ディノ
ぷはっ…!!ヒョンのここ甘くておいしいよ?
ウジ
ウジ
もっ…♡♡むりぃ♡♡
ヒョンのアナは僕を欲しがってヒクヒクしてる。
もうやばいかも…
ディノ
ディノ
ヒョン、もう入れられたい?
ウジ
ウジ
いれてぇぇぇ♡♡♡ちゃにがほしい♡♡♡おちんちんいれられたい♡♡♡はやくえっちしよぉぉ♡♡♡
ウジ
ウジ
もうがまんできないかりゃぁぁぁ♡♡♡
っ…反則っ…♡
ウジ
ウジ
っ♡♡♡ああああああああぁぁぁ♡♡♡
焦らしに焦らしたヒョンのアナは、離さないと言わんばかりにぎゅうぎゅう締めてくる。
ディノ
ディノ
あ〜♡よく締まってきもちっ…
ディノ
ディノ
ほら、もっと締めろよ淫乱
ヒョンの耳元で低い声でそう呟くと、ヒョンはどろどろにふやけた表情でアナを締める。
ウジ
ウジ
ああああああああぁぁぁ♡♡♡♡♡きもちぃ♡♡♡おしおきせっくしゅ♡♡♡おちんちんがおくまでとどいてさいこぅぅぅ♡♡♡
ディノ
ディノ
僕のおちんちん最高ですか?ヒョン♡
ウジ
ウジ
さいこうっっ♡♡だいしゅきなのぉぉ♡♡♡
ウジ
ウジ
ああああああああぁぁぁ♡♡♡もういぐぅぅぅ♡♡♡
ディノ
ディノ
永遠に僕のものですからね…ヒョン!!っいくっ!!
ウジ
ウジ
ああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁ♡♡♡♡♡♡
--------キリトリ線--------
ディノ
ディノ
もう離れられないように、家に閉じ込めてあげましょうか?ヒョン
ウジ
ウジ
っ…♡うん…そうして…♡
--------キリトリ線--------
二ー二ー様のリクエストですが、どうでしたか?







コロナによって歌のステージ全潰れ…😭