無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ホシウジ リクエスト
Wozzi side
もう何度、中に出されただろう。
ウジ
ウジ
ああああああああぁぁぁ♡♡♡♡♡いぐ♡♡♡もういぐぅぅぅぅ♡♡♡♡
ホシ
ホシ
…まだだめっ
そして何度、寸止めされただろう。
イケなくてもどかしい。はやくイキたい。
ホシ
ホシ
ウジは俺のっ…渡さない…
事の発端は俺に告白してきた女だ。
いっつも「うじくーん♡」ってハート飛ばしてくる女。
女とくっついてたらホシが嫉妬するから離れてたいのに、言うこと聞いてくれなくて
で、こうなってる
ウジ
ウジ
もうおかしくなる…♡♡♡もういやだよぉぉ♡♡♡♡♡
ホシ
ホシ
女となんて、いっしょにいないでっ…
いつもより余裕がないホシ。なんだか俺の肩が濡れている気がする。
ウジ
ウジ
ホシ…っ?!なんで泣いてるんだよ…
ホシが、泣いていた。
俺をいつもはたっぷりする前戯もせずにただただ犯して、ただただ怖かったホシが泣いていた。
ホシ
ホシ
おれ…っ、あの女に前の恋人取られたっ…
知らなかった。そんなこと。
ホシ
ホシ
ウジにだけは手出しして欲しくなかった…っ
ホシ
ホシ
ウジや…っ、行かないで、お願い…
ホシ
ホシ
こんなことしてごめん…許してっ…
泣きながら許しを乞うホシ。
ウジ
ウジ
そんなことなら…言ってくれれば良かったのに…
俺が好きすぎる故の行動。
俺を取られたくない一心でこんなに俺のことを犯していたと思うと、愛おしさが溢れ出てくる。
こんなに犯されたのに、ホシがまだ好きな俺も大概だな。
ウジ
ウジ
…あのさっ…むずむずするっ…♡
ウジ
ウジ
うごいて…♡
ホシ
ホシ
…うんっ
ホシはまた動き始めた。
ウジ
ウジ
あん♡あん♡あん♡あん♡きもちい♡♡♡♡ほしっ♡♡♡うじどこにもいかないよっ♡♡♡ほしだけだからぁ♡♡♡♡ずーっとおれだけおかして♡♡♡♡♡
ウジ
ウジ
ほかのこみちゃやぁ…♡♡♡♡おれだけだよねっ♡♡♡♡おれのあなるだけずーっとおかして♡♡♡♡ほしのおちんちんないとおかじぐなりゅぅぅぅ♡♡♡♡
ホシ
ホシ
かわいいウジっ…おれのウジ…おれのだよっ…ずーっといっしょ♡離れないから、離さないから♡
ウジ
ウジ
うれしい♡♡♡ずーっといっしょ♡♡♡あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙♡♡♡♡♡♡もうらめ♡♡♡♡いぐ♡♡♡あなるぶっといおちんちんで♡♡♡♡だいしゅきなほしのおちんちんでおかされていきゅ♡♡♡
ホシ
ホシ
でるっ…
ウジ
ウジ
だしてだしてだして♡♡♡♡ほしのおちんちんみるくだして♡♡♡♡あかちゃんほしーの♡♡♡にんしんしたい♡♡♡♡だして♡♡♡♡
ウジ
ウジ
あ"っ♡♡♡ああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
--------キリトリ線--------
ホシ
ホシ
ごめん、あんなに激しくして…
ウジ
ウジ
大丈夫だって!俺もなるべく女子とはいないようにする。あいつ、ウザかったし、正直。
ホシ
ホシ
うん、ごめん。
ウジ
ウジ
謝んな謝んな!
ホシ
ホシ
愛してる、ウジ…
ウジ
ウジ
俺も…って、またすんのか?!
ホシ
ホシ
うん、まだ不安だよ…
この後も俺は、あんあん鳴かされた。
--------キリトリ線--------
あやね様のリクエストですが、どうでしたか?





結構難しかった…笑