無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

よん
海に行ってからもう3年……




生活していく上で性格が変わったよ。
もう幼くないっ!
私はAliceアリスとして情報屋を始めていつの間にか世界トップクラスのハッカーとまで呼ばれるようになっちゃった。
……………でね。
なんか犯人の計画表見たいのが出てきたんですよ。
いや、休憩時間にハッキングしてたらね、爆破の計画表と犯行予告状が出てきちゃったわけっすよ。
うん…
止めに行くしかないね。
大いにフラグ建設していると自覚あるよ。
どうやってもここ日本でも有数の犯罪都市だから。
だからこそ怪しまれる可能性高すぎなんだよね。
3年前にやったこと何となく後悔してるんだよ。 

あれは絶対にフラグたったな、なんて思ったんよ。


男の子とか最後の方警戒して見てたから。



あー、怖い怖い(棒)
あ、余談はさておき、本題に入るとね。
まず、犯人が陰湿☆
いや、わざわざタイマーやっといて本当は起爆装置こっちにあります☆とか、
盗聴器からの声や行動を見て爆発させる☆とか、
すぐに爆発させるのでは無く6秒だけ猶予を与えつつ爆発させる☆とか。
陰っっ湿なんだよっっっっ!!!((キャラどうした
取り乱してすみません。orz
ということで、私はこれから現場に行ってこようと思ってるんだ。
この爆破がまだ続くこともわかったから、少しずつ犯人を懲らしめて行ければなと思っているよ、うん(*^^*)(暗黒微笑ダークネススマイリング)
あ、そういえば、最近例の恩人さん達の方からこの年齢でスカウトきたね。
まさか5歳で勧誘始まるとは思っても見なかった。
……察して?((
そんなこんなで今、爆破予告の現場にいるよ。
もちろん、機動隊(女性)に変装済み。



意外と背が伸びてくれたおかげで変装がしやすくなったよ。



あ、身長でさすがにバレると思うから、シークレットブーツとかちゃんと用意しているよ。
爆破が動くまで待とうとは思ったんだよ。


思ったんだよ?


なんで爆弾解除する貴方が防護服脱いでいるんのかな?


死にたいの?


あ、自殺志願者かな?



止めることには変わりないけど。
ということで、勝手に着せちゃいたいと思います☆
あなた

あの………

男性
ん?どうした?
あなた

すこーしだけ目瞑っていて貰えますか?

男性
え?
あなた

30秒だけください。

男性

わかった……
(まあ余裕あるからいいか。)
バサッ、シュッ、カチッ、シュッ、………
男性
うわっ!何すんの!
あなた

黙っててくれません?

男性
ビクッは、はい……
あとこの紐を括りつけて……
あなた

はい、終わりました。

男性
これって…防護服?
あなた

なにか問題でも?

男性
いや、暑いし。もうタイマー止まっているし。
あなた

はぁ………

あなた

少しでも用心したらいかがですか?

男性
……………とりあえず俺は脱ぐ……
ピッ、ピッ、ピッ、……
全員
!?
あなた

(私はとりあえず安全な場所確保してあるから大丈夫なはず)

男性
に、逃げろ!!!
ドーーーーン


ガラガラッ…… ガラッ…
あなた

ふぅ…………

あなた

(お暇しよ。)

あなた

(防護服着させておいて良かった……)

あなた

……………………

コンタクトが外れてた…………
………………
あなた

(フラグ……………建ったか。)

…………………………………………………………………………………………
???
男性
…………あの子に救われたのか?


防護服を着てなかったら俺は今………
死んでいた………………?
身震いがした。
あの子は一体………



そういえば最後の方で見たあの子の金色の目がとっても珍しく、美しく見えたな……
……To be continued