前の話
一覧へ
次の話

第1話

桃青
45
2022/08/17 16:36
桃視点
今俺はころんのお見舞いにきている
ころんは病気
酸素コードが無いと息が出来ないらしい
俺はころんがいるベットの横にたった
桃
ころん、大丈夫か、?
ころんはあと余命少ししかない
本人、ころんは相当辛いと思うけど最後くらい笑顔になって欲しい
桃
ころんなにか最後にやりたい事とか欲しいものとかある?
桃
ころんが笑顔になってくれるならなんでもするよ
青
……ッ゛!!!
桃
ころん、今ころんはすごくすごく辛いと思うけど俺にはこんな事しかしてあげられない…
青
…コクッ…ポロポロッ゛
桃
けどそれで少しでも元気になってくれたらいいな、……ニコッ
俺は何をして欲しいか書いてもらうために紙とペンをわたす
ころんは急いで紙とペンをとり何か必死に文字を書いている
青
…ポロポロッ゛!!!
その途端
ころんは俺の目の前で……




















     
息をしなくなった。
 
少しってそんなに少なかったのか、
もっと早くに色んな事をしてあげれば……ッ




















ころんのお葬式は終わった
俺はあまり記憶はなかった
だがずっと泣いていたのは覚えている













最後にころんが書いていた事、しっかりやってあげないとな……ッ笑
でもその文字を見た瞬間俺は目を疑った
ほんとは、俺が…………、、??
そこに書いてあったのは




























































                「「酸素コードから足をどけろ」」


























夜見たら…終わりですね(
ちなみに主は1時34分にかいたよ…:( ´◦ω◦`):
こわぁい☆((
♡と☆お願いします……(o_ _)o

プリ小説オーディオドラマ