無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,561
2021/09/19

第5話

【5】
えっ、、、、、
ジェル(くん)
ジェル(くん)
な、なーくん?何言って
なーくん
なーくん
、、、、、
なーくんはただただスピーカを見つめてる
ゲームマスター
wwwwはは
ばぁう
ばぁう
バレちゃいましたか
そう言いながら扉からばぁうが現れた
まひと(くん)
まひと(くん)
えっ、、、、
ばぁう
ばぁう
莉犬さんもありがとうございました
執事
執事
ww
莉犬(くん)
莉犬(くん)
ごめんwバレちゃった
執事が被っていたパーカーを下ろした
なーくん
なーくん
、、、、、なんでこんなことをした
ばぁう
ばぁう
wwそれより何故わかったんですか?
なーくん
なーくん
なんで、、、こんなことをするの、、、
ばぁう
ばぁう
それはこっちの質問に答えて頂かないと答えられない
なーくん
なーくん
わかった、、、、
なーくんはそう言うと探偵みたいに推理ショーを始めた
なーくん
なーくん
まず第1に怪しかったことはやっぱ莉犬くんとばぁうくんが居ないこと
てると(くん)
てると(くん)
っでも!写真が、、、
なーくん
なーくん
俺も最初は信じたけど2人同時はあまり、、、、1人殺せば十分なのに
ばぁう
ばぁう
ww感が鋭いようで
なーくん
なーくん
次はゲームマスターが騎士Aのメンバーだけ呼び捨て、
なーくん
なーくん
俺たちすとぷりのことは“さん”ずけ呼びなのに
なーくん
なーくん
騎士Aだけそうまとかしゆんとかだった
まひと(くん)
まひと(くん)
確かに、、、言われてみれば
なーくん
なーくん
まぁ次に執事も結構怪しかった
なーくん
なーくん
初めて会う時パーカーを被っててまるで顔を誰かに見られたくないように、、
なーくん
なーくん
特に目とか髪の毛を中心にかくそうとしてた、、、
ジェル(くん)
ジェル(くん)
それは莉犬のドットアイを隠すため、、
なーくん
なーくん
そう、、、髪の毛も赤だから
なーくん
なーくん
最後に決心が着いたのは執事が喋った時、、
なーくん
なーくん
ゆきむらくんが処刑される時、、執事が喋ってて莉犬くんに似たような声、、
なーくん
なーくん
いや、全く一緒だった
なーくん
なーくん
もうそれでばぁうくんと莉犬くんの仕業だなって
なーくん
なーくん
まぁ、そうまくんも薄々気づいてたんだろうけど
なーくん
なーくん
これでどう?
ばぁう
ばぁう
さすがななもりさん
なーくん
なーくん
とりあえず仲間返して?生きてるんでしょ?
ガチトーンのななもりさんだ、、、
ばぁう
ばぁう
嫌ですよ
ばぁうくんがなーくんのことを睨みながら言う
なーくん
なーくん
なんで、、
ばぁう
ばぁう
こっちの仕事なので取らないで貰えます?
なーくん
なーくん
これ依頼されてやってんの、?洗脳されてる、?
ばぁう
ばぁう
洗脳なんかじゃない
ばぁう
ばぁう
ただ賭けに乗っただけ
なーくん
なーくん
言い始めたのは?
莉犬(くん)
莉犬(くん)
俺からばぁうくんに
てると(くん)
てると(くん)
っ!でもばぁうくんを巻き込む必要ないでしょ!
てるとくんも仲間の事となれば必死になる
まひと(くん)
まひと(くん)
ちょ、てるちゃん落ち着いて
ばぁう
ばぁう
莉犬さんは悪くない
ばぁう
ばぁう
w俺もこういうの興味あったし
ばぁう
ばぁう
後、この提供者にも興味があったし、、、
なーくん
なーくん
、、やっぱ裏があるんだね?
ばぁう
ばぁう
っ!
ばぁう
ばぁう
提供者は何も悪くない!!!
提供者の話になるとばぁうは感情が揺れた、、
ばぁう
ばぁう
ただ!!俺が乗っただけだから!!
ばぁう
ばぁう
提供者は、、、、!
てると(くん)
てると(くん)
ば、ばぁうくん?
いつもばぁうじゃない、、、
ばぁう
ばぁう
ごめん、、、
なーくん
なーくん
ばぁうくん?
ばぁう
ばぁう
なんですか、、、?
なーくん
なーくん
俺がもしもさ提供者が誰か分かったらどうする?
ばぁう
ばぁう
えっ、、、
莉犬(くん)
莉犬(くん)
え、、、
ばぁう
ばぁう
ヤダ、、、
なーくん
なーくん
そっか意地でもその人を守りたいんだ
なーくん
なーくん
でも俺はこのゲームを起こしたきっかけを知りたい
なーくん
なーくん
別に警察にも連絡しないしリスナーさん達にも言わないから言っていい?
ばぁう
ばぁう
、、、、、、
ばぁう
ばぁう
、、、、ごめん、、好きにしていいですよ、
なーくん
なーくん
ニコッありがとう
会話を終えたあとなーくんはジェルくん莉犬くんてるとくんまひとくんの方に見つめてきた、、、


















そして、、、、なーくんは、、、、


















なーくん
なーくん
まひとくん、、?
なーくん
なーくん
君が提供者だよね、、、、

























は?