無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
健人side



健「ここだよ」

風「…え?こんなオシャレな所入るの?」

健「風磨を連れてきたかったんだよね」

風「ふーん、こんな店誰と来んの?」

健「ん?嫉妬ですかー?」

風「バカ違ぇよ!」

健「まぁ入ろうよ」



ここは友達が紹介してくれたお店なんだけど。
めっちゃオシャレで綺麗だし、
個室ももちろんあるし、気に入ってくれるかな?
勝利とか連れてきたけどみんな
また来たいって言ってくれたんだよねー



風「んー」

健「何食べたい?」

風「結構思ったより安いんだね」

健「でしょ?俺も最初は高いと思ってた笑」

風「こんだけオシャレなら思うよ笑」

健「あ、俺のオススメはこれだよ」

風「お、美味しそう!良いじゃんこれにしよー」

健「あとこれも頼もうかなー」



俺のオススメはミートパスタ
あとカルパッチョとアヒージョも。
風磨の口に合えば良いけど。



風「うわー!めっちゃ美味そうっ!」

健「どうぞ召し上がれ」

風「何その言い方笑
いただきます」

健「どうどう?」

風「んー!めっちゃ美味しいんだけど」

健「それなら良かった」

風「めっちゃ美味しい…」

健「感動してるじゃん笑」



もぐもぐ食べてる風磨可愛いなー。
シャツも白いから汚れないように
食事用エプロン付けてて可愛い。



風「あー。お腹いっぱい」

健「ご馳走様でした」

風「あ、まだ18時か」

健「この時期の18時はまだ明るいかー」

風「……ちょっとさ、相談したい事があるんだけど」

健「ん?どうしたの?」

風「……そ、それがさ…」



まさかそんな話を聞くことになるなんて…。





























皆さんこんばんは。なーみんです!
最後強引に流れを変えてしまう感じで
終わらせてしまいました!
まだまだ話は長く続きそうです!
次回もお楽しみにっ!笑