無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

15話
風磨side





結局いい漫画にも出会えずに
テキトーにお菓子とか買った。
中島元気にしてるかなー。
勝利がDVDとか渡してくれてたお陰で
メンバーだって理解は出来てるみたいだけど……





風「菊池です。入るよ」

健「どうぞー」

風「あ、元気そうじゃん」

健「え、あ、まぁだいぶ良くなりました」

風「相変わらず思い出せてない?」

健「はい……ごめんなさい。」

風「いやいや謝らなくていいよ」

健「……分かりました」

風「それよりさ、お菓子買ったから食べてよ」

健「ありがとうございます!」

風「これと…これと……」

健「あ!ガルボ!」

風「そうそうお前の好きなやつ」

健「新作の味出てたんだー」

風「ん?新作のやつcm一緒に撮ったけど?」

健「cm?俺、ガルボのcmに出てたんですか?」

風「それも覚えてないの?」

健「はい」

風「マジか……」

健「いつ頃ですか?」

風「新作は最近だけどガルボは1年以上前からだよ」

健「……何で部分的に覚えてないんだろ」

風「俺とさ、2人でのcmだったからじゃね?」

健「っ!風磨さんと2人で?」

風「そうそう、俺らさ……シンメだから」

健「……シンメなのに忘れちゃうって」

風「まぁこんな話ばっかじゃおもんないし食べよ」

健「あ、はい。ありがとうございます」




風「1週間後には退院出来るんだよね?」

健「体調良いから明後日に体調出来るそうですよ」

風「え!まじ?良かったじゃん」

健「ずーっと暇なんで早く仕事したいです笑」

風「そうだよなー」

健「マネージャーが迎えに来てくれるそうです」

風「それなら安心だわ」

健「色々迷惑かけてすいません」

風「良いって良いって、てかさ」

健「はい?」

風「そろそろ敬語やめてくんね?」

健「あ、ごめんなさい」

風「なんかお前が俺に敬語は気持ちわりぃ笑」

健「が、頑張るよ笑」

風「頼むわ」

健「おっけー……です」

風「ふふっ、まぁゆっくりね」

健「あ、DVD有難うって勝利に伝えといて下さい」

風「どう?懐かしかった?」

健「久しぶりに見ると面白いねー」

風「俺も家帰ったら見ようかな」

健「いつもこんな時間までありがとう」





やっと笑顔が出て来たな。
あとは俺の事を思い出してくれたら完璧なのに…
敬語も段々取れてきてるしもう少し。
まあ今日はここら辺で帰ろうかな。





風「もう、こんな時間だし帰るわ」

健「あ、長い時間ありがとね」

風「いえいえ、じゃあまた来るね」

健「うん!ありがとー」




























お久しぶりです!
時間だいぶ開けてしまいすいません(;_;)
待っててくださった方…いらっしゃいましたかね?
もし良ければコメント等頂けると嬉しいです!
次回更新時にお会いしましょう( *´︶`*)