無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11話
健人side





頭が痛い……。
あれ、ここはどこ?





健「ん………」

勝「あ、健人くん!」

健「……勝利?ここはどこ?」

勝「病院だよ!怪我して救急車で運ばれたの!」

健「何で怪我したんだろう……」

勝「覚えてないの?」

健「うん……」

勝「ずっと寝てたからかな?
とりあえず風磨くん呼んでくるよ」





真っ白な部屋に1人。
案外寂しいもんだね。
俺って寂しがり屋だったかな?





風「中島!」

勝「ちょっとそんな大声ださないの!」

風「やっと……目、覚ましてくれた…」

健「…………?」

勝「あれ?健人くん?」

健「あの、すいません。誰ですか?」

風「えっ?」

勝「ちょ、冗談やめてよー」

健「本当にごめんなさい。誰か分かりません」

風「……嘘だよね?」

健「………」

勝「先生呼んでくる」






俺は記憶喪失になったらしい。
Sexy Zoneのことも覚えてるけど
風磨って人だけ忘れているみたい。
メンバーは俺合わせて5人
勝利、松島、マリウスは分かるけど
あと1人が思い出せない。
それが風磨って人らしい。






勝「風磨くん、今日はもう帰ろう」

風「……うん。あいつ、俺の事思い出すかな」

勝「健人くんなら大丈夫だよ
先生も一時的なものって言ってたし」

風「もし、もしさ、思い出してくれなかったら…」

勝「風磨くん!……大丈夫だから」

風「そうだよな。弱気になったら駄目だよな」

勝「ずっと風磨くん起きてるんだし
今日はゆっくり休みましょう」

風「うん」

勝「じゃあ健人くん俺らは帰るね」

健「あ、うん。勝利ありがとね」

勝「また来るよ」

健「あの、風磨さんも有難う御座います」

風「……はい、また勝利と来ます」





何で風磨さんの事だけ忘れたんだろう。
それに事故があった日のこと何も覚えてない。
あの人を思い出そうとすると
凄く頭が痛くなる。
………もう寝ようかな。


























短いですが更新しました!
なかなかお話進まずごめんなさい。
まだまだ続いていきますよ〜