無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4話
風磨side





風「んん……っちょ……ぅ………っバカ!」

健「バカってなんだよ!」

風「もぅ…長いんだよ」

健「んふー満足満足♡」

風「キモ」

健「うわ!ふまたん酷いよー」

風「ふまたん言うな」

健「顔真っ赤で可愛いね」

風「うるさいバカ」

健「そんなこと可愛くない事言う
ふまたんにもっと酷いことしちゃうぞ?」

風「……だから聞くなって…」

健「あー。もう何で風磨ってこんなに可愛いの?」



可愛い可愛い言うなよ、照れるから。
調子狂うなー酔ってるからか。
普段言えない事酔った勢いで
言ってみようかな笑
どんな反応するかなー笑



風「ねぇ……健人」

健「っえ、ちょ、何急に!」



反応おもしれぇー笑
そう言えば久しぶりに名前呼んだわ



風「明日1日一緒に居られるね。
……健人と一緒に居れるの嬉しい」

健「ちょ、風磨本当にどうしたの?」

風「こ、こんな俺は嫌い…?」

健「全然!寧ろめっちゃ可愛いんだけど!」

風「んふふ」

健「可愛いふまたんとかまじ神だわ」

風「神ってなんだよー」

健「そのまんまだよ、本当に可愛い」

風「……いつもツンツンしてる俺は、可愛くない?」

健「ツンツンしてる風磨もデレデレの風磨も
どっちも大好きだよ」

風「………俺も健人大好き」

健「うわー!もう俺ダメだ、幸せ過ぎて死ねる」

風「ちょ、俺を置いて行かないでよ」

健「っ!!……もぅ…どんだけ俺を煽るの?」

風「煽ってなんかはないけど」

健「無自覚ふまたんも大好きだよ」

風「///……ありがとう。」



たまには正直になってみるのも悪くないな。
恥ずかしいからたまにね笑



風「あ、明日はどうする?」

健「さっきまでのムードが…」

風「ごめんごめん笑」

健「んー。じゃあ久しぶりに公園に行こうよ!」

風「公園?Jrの時によく言ってた所?」

健「そうそう。久しぶりにどうかな?」

風「良いよ。でも夜じゃないと流石にヤバいよね」

健「あー。そうだなー。じゃあ昼間は買い物に」

風「うん!何買おっかなー」

健「楽しみだね!」




まさかその休みであんな事になるなんて……

























いやー。長いですね笑
やっと何かが動きそうな展開に!
お待たせしてごめんなさい!
そしてもし良ければ書く励みになるので
コメント等お待ちしております!!
読みにくいとかありましたらそれも
コメントで教えてください( *´︶`*)