無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話
風磨side






風「………………」

勝「大丈夫、じゃ、ないよね」

風「こんなことあるんだな」

勝「まさかだよね」

風「まぁ、先生も今だけって言ってたし…」

勝「時間が解決してくれるよ」

風「そうだな」

勝「松島とマリウスにも連絡するね」

風「うん、お願い」







こんな事になるなんて思ってもいなかった。
怪我は大した事無かったけど。
俺の記憶が無いのはどんな感じなのかな。
あ、中島の家の物整理しなきゃ。
頑張れ、俺







風「やっと家に着いたー」

風「1人って寂しいもんだな」

〜📞〜

風「ん?」

風「はい、もしもし」

松「風磨くん!」

風「あ、松島お疲れ」

松「お疲れじゃないよ!健人くん大丈夫!?」

風「あぁ、1週間ぐらいの入院ですむって」

松「なら良かった〜」

風「勝利から細かく聞いてる?」

松「とりあえず怪我して病院にいるって事だけ」

風「そうか……」

松「うん?どうしたの?」

風「実はさ…………」

松「えっ!風磨くんの記憶がない?」

風「そうなんだよ」

松「そうなんだよじゃないよ!ヤバいじゃん」

風「ヤバいんだよ」

松「うぅ…なんで、そんなに落ち着いてられるの!」

風「何でお前が泣きそうなんだよ笑」

松「だっ、だってぇー」

風「やっと俺も落ち着いたから」

松「……うん」

風「俺は大丈夫だから中島の心配してあげて?」

松「うん、分かった」

風「じゃあもう遅いから電話切るぞ?」

松「うん、また明日ね」

風「また明日、おやすみ」





松島大丈夫かなー。
勝利も心配掛けたくなくて言わなかったのかな
まぁ明日仕事一緒だし元気付けるか。


あ、中島居ないし仕事どうしよう……。
5人で表紙の撮影だったよな。
隣に中島が居ないとやっぱ駄目だわ俺。


























短いですが更新しました!
皆さん台風大丈夫でしたか?
これからが怖いですね💦