第116話

115
12,112
2021/09/13 12:56






ジミン :side














…。



後ろから、

あなたさんと、グガの笑い声が聞こえてくる。。






正直言うと、








すごい羨ましい。











かといって、行けるわけがない。











ただ、、、




あなたさんは、僕の大切なチングを救ってくれた。

あなたさんがいなかったら、テヒョナはどうなってたんだろう。

考えるだけで、心が痛くなる。




そして、さっき見たあなたさんの腕。




マフラーやその上のタオルまで真っ赤に染まっていて

どんな状況なのかすぐに分かる。






そんな危険を侵してまでも、テヒョナを救ってくれた。










僕は思った。





こんなことでくよくよなんか、してられない。



これを機に、今まであなたさんへしてきた悪い行いをしっかり反省して、

テヒョナの件も感謝を伝えなきゃいけない。











ていう理由がひとつで、

本当は




































あなたさんと仲良くなりたい。←
















 





















ああああ、、、、/////





こんなの

恥を捨てて行くしかないだろって…。































































































いや、ちょっと待てよジミナ。



今までのあなたさんの行動から性格を分析しろ、。

かなり、、塩っぽくて

素っ気ない感じだぞ?


もし、僕が行ったところで、


『だから何?』

とか

『あんたなんかと友達になりたくねぇわ』

とか

『話したくもねぇよ、チビ←』

とかとかとかとか




なんて言われたら、僕立ち直れないよ!?!?!?



















































…ま、まぁ、それでも……行きますけどさ……。。。

プリ小説オーディオドラマ