無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

廉くんと2人だけの夜…
大吾と正門と解散後あなたは廉くんとコンビニに寄ってから廉くんが帰る場所のホテルに2人で戻った。
永瀬廉
3O1号室やって〜
あなた
そ、そうなんや。
(緊張する。むり、やばい)
永瀬廉
いこかー
あなた
うん
永瀬廉
ここのベットめっちゃ気持ちいやん!
あなた
ほんとそれ!
あなた
わざわざありがとうね。
永瀬廉
全然ええで!
あなた
明日仕事やのにごめんね。
永瀬廉
昼からやからええねん!
あなた
うん、
永瀬廉
なぁ〜
あなた
ん?
永瀬廉
あなたって彼氏おるん?
あなた
か、かれし!?
永瀬廉
そ〜
あなた
おらんよ、
永瀬廉
おらんの?
あなた
おらんよ!
永瀬廉
以外、
あなた
え?
永瀬廉
俺絶対おる思ってたわ〜
あなた
おったらここ来ないよ笑
永瀬廉
せやな笑
あなた
うん笑
永瀬廉
あなた先風呂入ってきたら?
あなた
いいの?
永瀬廉
ええで?
あなた
でも先風呂入ってきて!
永瀬廉
なんでー?
あなた
疲れてるやろうし先行ってきて!
永瀬廉
あー。わかった!ありがとうな
あなた
うん!
──廉の気持ち──

廉はあなたのことが気になってる。
あなたは可愛すぎて廉は惚れてしまってる。
廉はあなたと初めての夜を過ごす。
あなたとの夜なんて緊張。
─────────

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✧MIKI✧
✧MIKI✧
読んでくれるみなさんが納得いく小説かは分からないですが自分なりに頑張ります✩.*˚
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る