無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

紫耀くんと初めての朝…
あなたは紫耀くんより早く起きた
2人とも裸のまま寝ていた(-_-)zzz
あなた
あーもー朝かー。
あなた
しょうくん(小声)
あなた
ってまだ寝てるか
あなた
まだ寝てるし朝ごはんでも作ってこよーと
あなたは朝ごはんを作りにキッチンへ
数十分後あなたはご飯を作り終わり紫耀を起こしに寝室へ
あなた
紫耀くん!もー起きよっか!
平野紫耀
あなたもーおきんのー(   ᷇ᵕ ᷆  )
あなた
起きるよ!!
平野紫耀
えーまだ寝よ??
あなた
ダメ!!
平野紫耀
やーだー(;_;)
あなた
朝ごはん作ったよ??
平野紫耀
え!うそ!それさきゆってよ!!
あなた
ごめんごめん笑
あなた
食べる??寝る??どーする??
平野紫耀
食べる!!!
あなた
じゃーリビング行こっか!
平野紫耀
うん!!!!!( •̀ᴗ•́ )
2人で朝ごはんを食べた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✧MIKI✧
✧MIKI✧
読んでくれるみなさんが納得いく小説かは分からないですが自分なりに頑張ります✩.*˚
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る