無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

.








今日から2年生


クラス替えが楽しみです!!


密かに気になっている高橋くん


同じクラスになれるかな、?













女子「待って、来た」



女子「早く行こ、」







周りの女子たちがそう言い始めたら


高橋くんが来る合図


まだ話したことないけど


どこかで会ったことあるような気がして


ずっと気になってる人












高橋くんが恐れられてる理由は


多分服装のせい


ずっとパーカー着ててフード被ってる


そしてイヤフォンしながらめちゃくちゃ無口


先輩をボコボコにしただとか言う噂も、、


そんな怖くないと思うんだけどな、、







そんなことを考えながら


クラス替え発表の紙が貼られてる場所まで


来てしまった













『あ、!同じだ!』







そう叫んでしまったのは


高橋くんとクラスが同じだったせい


喋れるチャンスかもって思うと


自分でも気持ちが上がるのがわかった