無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

21
2021/05/02

第6話

夢機能使ってみた
冷たい、ただそれだけ。
目を覚ますと
コンクリートで囲まられた部屋でまるで
牢屋のよう、もはや牢屋と言ってもいいだろう

あなたは足に鎖をつけられ、自由に動けない。コツコツと足音が聞こえる。
怖いただそれだけだった。
(なまえ)
あなた
、、、どうして、、、?
オレオピーマン
オレオピーマン
あ、起きたかぁ、、、
(なまえ)
あなた
何、、、?
オレオピーマン
オレオピーマン
ん?
(なまえ)
あなた
何をするつもり?
オレオピーマン
オレオピーマン
いや、ここにいてもらうから♪
(なまえ)
あなた
どうしたの、、、ほんとに、、、
オレオピーマン
オレオピーマン
あなたが悪いんだよ?
だって君、僕の愛を受け取ってくれないんだもん
(なまえ)
あなた
ごめんなさい、、、
オレオピーマン
オレオピーマン
謝んなくても良いよ♪
オレオピーマン
オレオピーマン
その焦った顔が好きだし♡
(なまえ)
あなた
、、、
オレオピーマン
オレオピーマン
じゃ、ゆっくりしてね♪夜には見にくるから
(なまえ)
あなた
はい、、、
オレオピーマン
オレオピーマン
良い子いい子^ ^
ヤンデレってムズイネ