無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第59話

🌈🍀番外編
あなた手紙_













































ナム「じぁあ読んでみるね、、、」






























防弾少年団のみんなへ


みなさん元気にしてますか?私はすごく元気です!!私はみなさんの役に立てたかなと思ってしまいます。毎日暴言や暴力があって辛い時もありました。でもいつか、いつか反日も治ってくれるかなとずっと思ってました。みなさんがいっぱいストレスが溜まるのはしょうがないと思います。でもこれからはストレスが溜まっても人にあたっては絶対に駄目ですよ?人を傷つけてしまいます。そんなことはもうして欲しくないです。
1回私を信じてくれた時がありましたよね?その時は本当に本当に嬉しかったんです。ジョングクさんはまだ駄目だったけど笑。でも結局また裏切られてしまったけど、、、私は生まれてきてからまともに、人と話したことがありませんでした。親も私が小さい頃に私を捨て、叔母のいる韓国に来ました。でも私が韓国に来て叔母はすぐ、亡くなってしまいました。私の唯一の救いは私のオッパと電話することでした。学校に行っても日本人だからといってすごくいじめられました。それは中学校も高校も同じでした。やっといじめから解放されたと思ったらまたいじめにあいました。もうこうなったら自分はこうゆう人生なんだなと思いました笑
そして私が言いたいことは、あなた達はレイさんに騙されています。私が言うのもあれなのですが、殴られたとか泣いてるのは全部嘘です。痣はメイクでできています。今まであなた達は騙されています。それをわかってください。でもレイを責めないであげてくださいね?でもレイさんの事は社長に全部言ってあります。レイさん新しい自分を見つけてもう絶対にこんな事はしないでください。
長くなりましたが、私をここまで強く育ててくれてありがとうございました。これからも何事にも負けないで下さいね^^*ではそろそろお空に帰ります。読んでくれてありがとうございました。



あなたより

















レイ「みなさん、、、」





ジョングク「、、、何」





レイ「ごめんなさい」






ホソク「僕達じゃなくてあなたに謝って」



レイ「はい…」



レイ「あなたさん本当にごめんなさい、あなたが羨ましかったんです。ここまでやるとは予定には入っていませんでしたがやってるうちに楽しくなってしまいました。でもこれからは_新しい自分を見つけて、新しい事をやっていきたいと思います。こんな私を許してください、、、」









シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

사키
사키
推しの布団になりたいです(( 少女時代→all→ TWICE→ナヨンさん→ BLACK PINK⇸ジスちゃん→ BTS⇸グク→ SEVENTEEN→スングァン→ 主にjypが好きです。 小さい頃からずっとKーPOPを聞いてました笑お母さんがKーPOP好きだったので😅 今はペン卒してますが推してたグル GOT7 BIGBANG 私はTWICEを主に推してますねはい… てか全体的に(雑食) なんでも好きです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る