無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

64
2021/06/24

第3話

2
──アンタはなんでこんなことも出来ないの
──勉強しなさい
──テスト近いでしょ
──明日の準備は
──お弁当箱洗いなさい
うるさい。
うるさいうるさい
うるさいうるさいうるさい
わかってるから
もうほっといて
────────────────────────
A
志保~今日空いてる?
志保
特に用事はないけど
志保
どうしたの?
A
今日クラスのみんなでカラオケ行こ~って話になって志保大丈夫かなって
志保
カラオケか…
志保
用事はないけど少し具合が悪いからやめとく
志保
誘ってくれてありがと
A
そっか…体調大事にしてね!
A
いつでも行こ~!
────────────────────────
私は
僕は
僕は人と関わるのが苦手だ
小さい頃からそうだったわけじゃない
中学の時
いじめられていた
──────────────────────
中学生時代
クラスメイトA『神奈木サン…だっけ』
クラスメイトA『あの子なんかくらいよね』
クラスメイトB「友達いるのかな」
クラスメイトC『ちょっと!それは可哀想でしょ‪w』
クラスメイトB「声掛けてみようよ‪w」
クラスメイトA『神奈木さ~ん』
…なんだろう
志保「何か用…?」
クラスメイトB「うわ…やっぱり感じ悪…」
クラスメイトC「ね…」
…何か用があるか聞いただけなんだけどな
クラスメイトA「神奈木サンっていつもひとりだよね」
志保「…うん」
クラスメイトB「仲いい子とか居ないの?」
志保「一人でいる方が楽だから」
クラスメイトC「神奈木サン、話しかけて上げたのにその態度はなくない?」
…?
??????
どうしてそうなるんだろう
私…真実言っただけだよね









.Next⇸