無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

61
2021/06/24

第4話

3
一人でいる方が楽だから。
とは言ったものの私には友達がいる
唯一のの友達
友達『志保!一緒に帰ろ!』
…といつも誘ってくれる友達だ
なのに
友達『志保…クラスの友達に聞いたんだけど』
友達『私の悪口…言ってたんだよね』
志保「…え?」
友達『言ってたら言ってたでいいんだよ…』
志保「ちょっ…待って誤解だよ」
友達『…嘘つかなくていいから』
どうして信じてくれないんだろう
違うって言ってるのに
友達は私から離れていった
なんで?
そこから本当の本当に
1人になった







.Next⇸