無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

529
2018/04/13

第43話

背いた罰
〜19:36〜
俺達は命令の"不要なこと"は何かと言うことを話し合っていた。
今村奏叶
それにしても何だろうな…
星野弥生
考えても思いつきませんね…
沖田蒼真
恋人がいた人が多く亡くなってるのかぁ…
霧島美咲
可哀想に…
沖田蒼真
てか、神崎も抜けたからって言わないで一緒に考えろよ。
神崎舞
あのねぇ…簡単に言うけど今、かなり眠いんだよ?起きてるだけいいほうでしょ…
今村奏叶
動きっぱなしだもんな。
神崎舞
うん…
霧島美咲
そんなことより、王様もこんなゲーム早く終わらせて解放して欲しい…
星野弥生
ですね…
霧島美咲
私はこんなゲーム大っ嫌い。
沖田蒼真
まぁな…
霧島美咲
!……
突如、美咲が立ち上がる。
今村奏叶
お、おい、いきなりどうした?
霧島美咲
……い、き…が…
一言残すと美咲は倒れ、口から泡が出てくる
今村奏叶
おい!!!美咲!?
奏叶が慌てて駆け寄り手を当てる
今村奏叶
駄目だ…死んでる……
沖田蒼真
どうして…
星野弥生
恐らく、命令の不要なことを犯したんじゃないでしょうか…
今村奏叶
なんだよ………
沖田蒼真
………。
今村奏叶
なんだ!不要なことって!?
奏叶は混乱して星野さんに掴みにかかる
星野弥生
え、ちょっと…!
杉山武雄
い、今村くんやめなさい!!
大人が寄ってきて奏叶を取り押さえた
今村奏叶
畜生!何で…何で美咲が死ぬんだよ!!何も悪いことなんかしてないだろ!!
沖田蒼真
奏叶、落ち着けよ…
今村奏叶
はぁ!?落ち着いてなんかいられるか!美咲が死んだんだぞ!?よく蒼真はそんな表情になれるな!俺からしたら意味不明だ!!!
沖田蒼真
っ……俺だって人が死ぬのを見るのは嫌だ…
今村奏叶
なら、何でそんなすました顔でいられるんだよ!?
沖田蒼真
この命令が終わって犯人が見つかったら…絶対にそいつをぶん殴ってみんなの復讐を遂げると決めたからだ。
今村奏叶
!……
沖田蒼真
なんかいきなり首が痒くなってきたので、首に触れると水のような感触があった。
沖田蒼真
水…?
今村奏叶
そ、蒼真、お前……
奏叶が有り得ない光景を見るように目を見開いて俺を見ている。
俺は不思議に思いながらも首に触れた掌を見てみる。
そこには……
赤黒い液体がべっとりと付着していた。
沖田蒼真
え…
今村奏叶
蒼真、首に線が…!
沖田蒼真
は?え、これって一体…
首を再び触るが赤黒い液体が止めることなく溢れてくる
それを感じ俺はスグに悟った───
沖田蒼真
───俺、死ぬのか。



















呟いた瞬間、目の前の風景が傾き俺の意識は途絶えた