無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

686
2021/07/30

第14話

じ ゅ う さ ん
蘭 side



家 の 前 に 来 る と あなた が 1 人 で 泣 い て い た 。



そ し て 遠 く か ら じ ゃ よ く 聞 こ え な か っ た が あなた は 間 違 い な く




' ' 竜 胆 く ん は 違 う の ? ' '


と 、 涙 を 零 し て 言 っ て い た 。


き っ と 竜 胆 と 何 か あ っ た の だ ろ う 。




そ し て 俺 は あなた ち ゃ ん に 声 を 掛 け た 。



灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
あなた ち ゃ ん ?



そ う 言 う と あなた ち ゃ ん は 泣 き な が ら 後 ろ を 振 か え っ た 。



俺 は あなた ち ゃ ん を あなた ち ゃ ん の バ イ ト 先 の レ ス ト ラ ン に 連 れ て 行 っ た 。


灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
何 が あ っ た の ?



俺 が そ う 聞 く と あなた ち ゃ ん は 泣 き な が ら 竜 胆 の 事 を 語 っ た 。



あなた ち ゃ ん も 竜 胆 に 一 目 惚 れ し た 事 。

毎 日 こ こ で 自 分 が バ イ ト を 終 え る の を 待 っ て く れ る 事 。

嘘 で も 好 き っ て 言 わ れ た 事 。

デ - ト に 誘 っ て も ら え た 事 。




あなた ち ゃ ん は 全 て が か け が え の 無 い 物 だ と 話 し た 。


ま ぁ そ れ を 聞 い て て 俺 は イ ラ イ ラ し て た ん だ け ど ←




あなた ち ゃ ん が 凄 く 竜 胆 の 事 を 愛 し て い た ん だ な と 感 じ ら れ た 。


そ し て あなた ち ゃ ん は た ち ま ち 大 き な 声 で 泣 き だ し た 。


俺 の 胸 の 中 で 声 を 荒 げ て 泣 い た ん だ 。



(なまえ)
あなた
ウゥ . . . ウワァァァァァン
わ た . . 私 。 竜 胆 く ん の 事 大 好 き な ん だ よ ( 泣
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
う ん 。
(なまえ)
あなた
愛 し て る ん だ よ ( 泣
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
う ん 。
(なまえ)
あなた
で も . . . で も . . .


.


(なまえ)
あなた
竜 胆 く ん は . .
違 う の か な . . . ( 大泣
灰 谷 蘭
灰 谷 蘭
よ し よ し


あなた ち ゃ ん が 大 声 で 泣 く と 周 り の お 客 さ ん が な ん だ な ん だ と あなた ち ゃ ん を 見 て 来 た 。




俺 は 慌 て て お 会 計 を 済 ま し あなた ち ゃ ん の 家 に 向 か っ た 。