無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

4
夏の暑い日
プールにて
ジェル君
ジェル君
あれ、ころん見学やん
なーくん
なーくん
えw
さとみ君
さとみ君
水かけよーぜw
ころん君
ころん君
.....
You
You
〜♪
バシャーン
You
You
キャァッ!!!
ころん君
ころん君
ッ....
MOBU☆
MOBU☆
wwwww
MOBU☆
MOBU☆
ころん君無反応じゃんw
さとみ君
さとみ君
それは草w
莉犬君
莉犬君
って....何してるの?!
ジェル君
ジェル君
え〜なーんにも
莉犬君
莉犬君
あなた、ころちゃん,これタオル
You
You
ありがとう...
ころん君
ころん君
......
放課後
殴蹴×80
ころん君
ころん君
......
You
You
いたいッ...ヒッグッやめてッ....グスッ...
さとみ君
さとみ君
あ!wそうだw
ころん君の耳にカッターを刺す
グサッ
ころん君
ころん君
ぁぁぁぁぁぁぁぁッッ!!!!(耳を抑える)
なーくん
なーくん
やっと反応したw
ジェル君
ジェル君
なー、ころん
ジェル君
ジェル君
あなたを逃がしてころんがあなたの分まで受けるか
ジェル君
ジェル君
あなたをいじめるか、どっち
ころん君
ころん君
あなたをにがす...方で....
You
You
ッ...ころん君...?
るぅとくん
るぅとくん
じゃああなたさん帰っていいですよ
You
You
いや..
さとみ君
さとみ君
帰れ
You
You
ッ....
.....







































僕には
感情がありません
ころん君
ころん君
.....
ありがとうも痛いも、悲しいも、嬉しいも
全て消えた
無表情
人が信じられない
信じたくない
虐待と虐め
両方されて
誰も褒めてくれない
僕は生きているだけで邪魔で
罪で
価値のない人間なの



































本音はね
助けて欲しい
生きているだけで褒められたい
誰かを信じたい
誰かを守りたい
そう思ってるんだ