無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話 血雫
死神
死神
はぁ…僕絶対ぼーっとしてた
死神
死神
本当に辛い(´;ω;`)
死神
死神
この感情は誰にぶつければいいの?
死神
死神
分からない…知らない…















誰か教えて__
その日はそのまま疲れて寝てしまった
――――――――――――――――――――――――――――――
死神
死神
!!!( ゚д゚)ハッ!!!!ここは!
死神
死神
そうだ…昨日寝ちゃったんだ
死神
死神
(床になにか落ちてる)
死神
死神
(クロノアさんに貰った紙が落ちていた)
死神
死神
見てみよかな
死神
死神
【悩んでる事あったらちゃんと話してね】クロノア
死神
死神
ヤバい僕心配されてる?
死神
死神
昨日帰ってよかった…
死神
死神
今日はなにもないよね?
死神
死神
はぁ〜暇だなぁ〜
死神
死神
((o.△.)oゴロ何もすることないし
死神
死神
エゴサしてみようかなぁ?
死神
死神
ちょっと気になってたし!
死神ってヤツあれ可愛いと思って声出してんの?不愉快なんだけど

死神、ペイントさんばっか狙っててウザイんですけど?

死神キャラぶれっぶれやん、面白く無いよ?

いや、なんで出番多いんだよ、死神
死神
死神
………ッ……
死神
死神
これ思ったより、精神に来るな…
死神
死神
暇つぶしのつもりだったのになぁ
死神
死神
もう…どうでもいい
死神
死神
リスカしよ………
死神
死神
そして僕は、
死神
死神
手と腕の間に











刃を入れた
死神
死神
不思議と全然痛くは、なかった。
死神
死神
前害悪リスナーがいて、その時はまだ
踏みとどまれたのになぁ
死神
死神
前の自分より劣っていると思うと、
無意識にまた切り込んでいた。
死神
死神
血は、重力に従い、ひじへ、垂れていく
死神
死神
赤い血が滴っているのは、
死神
死神
『綺麗だなぁ』
死神
死神
と口に出るほど、死神からは、綺麗に見えた
ピンポーン
死神
死神
誰?こんな時に…
死神
死神
けど、ここで出ないと心配かけちゃう。
死神
死神
(僕は…カッターと腕の血を拭いて玄関に行った)
ピンポーン
死神
死神
今出るってば…(あまりにも鳴り止まないチャイムにイラつきながらドアを開けた)
ガチャ
???
???
やぁ
???
???
久しぶりだねし・に・が・み・君!
――――――――――――――――――――――――――――――
主
ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
主
デギダァ
主
皆様本当にすみませんm(_ _)mのろまが発動してしまいました!
主
これ実は、2回書いてるんですよ(まぁ置いといて)
主
今回はここまででs(((
ペイント
ペイント
ちょっと待ったァ!
ペイント
ペイント
出番すっくなてかないやん
主
………あ、そう言えば50人以上の方に見てもらって!
主
もう、主は幸せものです!!(゜・Д・≠゜)パァ
ペイント
ペイント
いや無視しないで(((
主
じゃ今回はここで終わりです!
死神
死神
読んでくれた皆様も、お疲れ様です〜☆☜(^o^三 ^o^)三 ☞☆(^o^ 三^o^)☞☆(^o^) ☞