無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ニ。

ころんside

ころん
もうっ ‥ !


放課後。あなたとは手を振って別れた。

‥ は、かわい。

僕は彼女に恋をした。


さとみ
よっ
ころん
うわっ、さとみくんかよ ‥
さとみ
は?なんだお前


彼はさとみくん。

唯一の相談相手といった所だろうか。


ころん
はぁあ、、僕もうだめみたい
さとみ
あぁ?また中村のことか
ころん
んなっ ‥ !


反論しようとしたけど、正直図星だったのと

普段から相談に乗ってくれてるからやめてあげた。

さとみ
んで、今度はなんだよ
ころん
積極的に話してんのに、全然振り向いてくんないって話。


あれ、なんか静かだな。


さとみ
‥ そんだけ?
ころん
そんだけって ‥
いつ取られてもおかしくないんだよ!?!


そう、僕には " 莉犬くん " という手強いライバルがいる。

皆の前ではきゃぴきゃぴしてんのに、あなたの前では猫被ってる

本当にずるい奴。

さとみ
まあ ‥
ころん
あなたはあなたで、僕と話してんのに莉犬くんの話ばっかするしさぁ ‥
さとみ
ころんも態度変えすぎなんだよ。きもいぞ
ころん
きもっ ‥ ?!


だって ‥ 好きな子とはいっぱい話したいじゃん!!

なのに、莉犬くんの奴 ‥ !


ころん
負けるもんかよ ‥
さとみ
‥ まあ、頑張れよ
ころん
っえ、聞こえてたっ ‥ ?
さとみ
いや? 負けるもんかよ とか聞いてないぞ
ころん
聞いてんじゃん!?!

卒業まで残り一年を切った。




ねえ、振り向いてよ _ 。