第18話

紫耀side
414
2018/09/16 23:32
紫耀
紫耀
(今日はあなたとデートの日。。)
紫耀
紫耀
早くこやんかなぁ💓
ピーポーピーポー
救急車のサイレンが近くで聞こえる。
チャララン  チャララン
今度は携帯がなっている。
紫耀
紫耀
ん?電話、誰だ??
紫耀
紫耀
あっあなたじゃん。
紫耀
紫耀
あっもしもし?あなた、どう
私
あの!
紫耀
紫耀
え?、、、誰ですか。
携帯から出てきた女の人は確実にあなたでは無い。
だとしたら誰だ。
私
○○病院の沢田と申します!
連絡履歴から連絡されていただきました。ただいま吉野あなたさんが事故に遭われまして。。
紫耀
紫耀
な、どういうことですか?!
私
意識不明の重症です。。
外傷はほとんど見られませんが、頭を強く打ったため現在の、睡眠の状態からいつ起き上がるかは、、、、
そう言って言葉を濁す。
は?何言ってんだろこの人。
あなたが、あなたが事故?
俺の目から水が、、、
紫耀
紫耀
あっ、、、、、あなた、、、、が、
私
一応お家の方にも連絡させて頂きましたが、今から病院へ来られるでしょうか。
紫耀
紫耀
、、、、。いきます。いきます!
紫耀
紫耀
あなたを、よろしくお願いします!!
目を覚ました。
あぁそうか、あなたが事故にあったんだっ!
あいつが苦しんでる時に俺は、、、最低だ。。
あなた、待ってろ、、
タクシーをつかまえ、できる限り飛ばす。
座っているだけで今にも心臓が潰れそうだった。
そんな時、運転手さんが着きましたよって言った。
紫耀
紫耀
あっありがとうございます!!
あなたの病室は606号室、、、ここだ、
俺は思い切りドアを開けた、、、、、
紫耀
紫耀
えっ、、、、、?
廉
紫耀!!お前何やってんねん!?
お前がついてて、、、あなたをなんて目に遭わせてんだよっ!
紫耀
紫耀
れ、廉、、、、
紫耀
紫耀
ごめん。
それしか言えない。
今の俺は、、、最悪だから。
私
ん、、、れ、廉?、、と紫耀も、、
廉
あなたっ!
、、、、、。
チュッ
あれ見間違いかな、、、廉が今あなたにキスしたような。。
私
廉!?!?
ど、どうしたん!
奇跡的に目を覚ましたあなたにこえをかけることも出来ず、俺は呆然と見つめるだけだった。
廉
紫耀。。。お前があなたを傷つけるなら、、俺は絶対にあなたを渡さん。
私
れ、廉。。。
俺が、言葉を理解する前に看護師の人達があなたの周りを囲む。