第34話

33話
道枝駿佑
うん!
だってほんまに好きなんですもん!
西畑大吾
そしたら、俺やって好きやもん!
大橋和也
俺だって好きやで?
あなた
あなた
え、あの〜、
西畑大吾
じゃあ、もうあなたに決めてもらおうや!
あなた
あなた
丈くん〜助けて〜
藤原丈一郎
え、
あなた
あなた
お願い(ウルウル
藤原丈一郎
わ、わかった、
お前らさ、あなたが困っとるやん!
大橋和也
ちょっと丈くん突っ込まんで
藤原丈一郎
はい、
あなた
あなた
どすればいい?
藤原丈一郎
これは、逃げる、
キンプリの楽屋に行けば大丈夫や
あなた
あなた
わかった!じゃーね!
藤原丈一郎
おう!
あなたが帰ったあと
道枝駿佑
あれ?あなたちゃんは?
藤原丈一郎
帰ったで
西畑大吾
俺のあなたが〜
大橋和也
大吾のちゃうで!
高橋恭平
これ、なんの騒ぎすか?
大西流星
あなたの取り合い笑
高橋恭平
やばいな笑
大西流星
うんうん
その頃、あなたは
あなた
あなた
ごめんね、急に来て
永瀬廉
永瀬廉
平気やけど、何があったん?
あなた
あなた
なんか、よくわかんない
永瀬廉
永瀬廉
ふーん
平野紫耀
平野紫耀
あっ!あなただ!
あなた
あなた
しょー!(ギュッ
平野紫耀
平野紫耀
今日も可愛いね!
あなた
あなた
ありがと!!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
紫耀、廉が嫉妬してるぞ
あなた
あなた
え?
永瀬廉
永瀬廉
(ムスッとする)
あなた
あなた
ボソッ紫耀!廉ってさ結構可愛い所あるよね
平野紫耀
平野紫耀
ボソッもう少し素直になればいいのにね
あなた
あなた
ボソッ廉は無理だよ笑
平野紫耀
平野紫耀
ボソッ確かに笑
永瀬廉
永瀬廉
おい!そこ何話しとんねん
あなた
あなた
やばい!廉が怒った!
平野紫耀
平野紫耀
逃げろ〜!
あなたと紫耀がいなくなった楽屋
永瀬廉
永瀬廉
まったく、
神宮寺勇太
神宮寺勇太
廉はそろそろ素直になればいいのに
永瀬廉
永瀬廉
俺はいつも素直や!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
嘘つけ、あなた事好きでしょ?
永瀬廉
永瀬廉
・・・
神宮寺勇太
神宮寺勇太
じゃあ、頑張ってね!
永瀬廉
永瀬廉
おう
その頃、あなたと紫耀は
コンビニ
あなた
あなた
しょー!みんなの飲み物買お!
平野紫耀
平野紫耀
いいね!
レジに行く
??)あれ?あなた?
あなた
あなた
ん?な、なんで、
??)めっちゃ久しぶりじゃん!
あなた
あなた
紫耀行こ!
平野紫耀
平野紫耀
う、うん
楽屋に戻る途中
平野紫耀
平野紫耀
あなたどしたの?震えてるよ?
あなた
あなた
べ、別に震えてないよ?
平野紫耀
平野紫耀
何があったの?
あなた
あなた
ごめん、私から話せない、
お兄に聞いて、
平野紫耀
平野紫耀
わかった
あなた
あなた
じゃあ、戻ろうか!
平野紫耀
平野紫耀
おう!
楽屋に戻る(ガチャッ
あなた
あなた
たっだいまー!
高橋海人
高橋海人
あなた〜!
あなた
あなた
かいちゃん!
平野紫耀
平野紫耀
ちょっと、俺と廉出かけてくる
永瀬廉
永瀬廉
お、おれ?
平野紫耀
平野紫耀
行ってくるね
あなた
あなた
うん
JUMPの楽屋
コンコンッ
山田涼介
山田涼介
はーい
平野紫耀
平野紫耀
こんちは!
永瀬廉
永瀬廉
お久しぶりです!
山田涼介
山田涼介
おー!どしたの?
永瀬廉
永瀬廉
俺は、紫耀に連れて来られました
平野紫耀
平野紫耀
ちょっと、あなたの事でお話が
山田涼介
山田涼介
じゃあ、ちょっと外行こ
外で話してる
山田涼介
山田涼介
どこまで知ってるの?
平野紫耀
平野紫耀
俺と廉全然知らないです、
でも、今日コンビニ行った時知らない男が話しかけてきて、あなたが震えてたんです
山田涼介
山田涼介
そっかそっか、
永瀬廉
永瀬廉
あなたに何があったんですか?
山田涼介
山田涼介
あなたはね、
あなたの過去の話

俺ら親の転勤が多くて、色んな所に住んでたんだけど、でも俺ジャニーズ入ってたから東京で1人ぐらしとかメンバーの所に行ったりしてたんだけど、あなたは親と一緒に住んでたんだ。

で、ある日あなた学校でいじめを受けてたんだ、親に迷惑かけたくないって思って、ずっと黙ってたみたいだけど、我慢出来なくなって途中で、学校を抜け出したんだよね、
その時点であなたは男子恐怖症だったんだ、そのときにある男の子に出会ったんだって最初は信じられなかったけど、だんだん信頼出来るようになって、その日はずっとその男の子と話してたらしいけど、その日からもう会えなかったみたいで、あなたは新しい好きな人を作らず、ずっとその人の事だけ恋してた。

でも、中学生の頃にあなたは告白されたんだ、断ったみたいだけどその人結構しつこくてストーカーされてたんだよ、
で、あなたは途中から学校に怖くて行けなくなり、途中で俺の所に来たってわけ
平野紫耀
平野紫耀
そうだったんですね、
永瀬廉
永瀬廉
・・・
平野紫耀
平野紫耀
ありがとうございました!
山田涼介
山田涼介
あなたの事よろしくね!
平野紫耀
平野紫耀
はい!
永瀬廉
永瀬廉
紫耀先行ってて
平野紫耀
平野紫耀
おう!
永瀬廉
永瀬廉
あの、
山田涼介
山田涼介
ん?
永瀬廉
永瀬廉
あなたの事助けた男の子って、もしかして
山田涼介
山田涼介
廉だよ
思い出してくれた?
永瀬廉
永瀬廉
はい、俺もその子のことめっちゃ心配で名前聞かなかったからずっと探してたんです
山田涼介
山田涼介
そっか、あなたの事守ってあげてね?
廉と紫耀はあなたの事好きみたいだから笑
永瀬廉
永瀬廉
はい!ありがとうございます!
山田涼介
山田涼介
じゃあね!
_______________________
あなたの過去のお話でした!
お気に入りお願いします!