無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

道枝 side




今日は 学校。
けど、いつもより 憂鬱。




だって、大好きな人が、


居ないから。










『 休み、か 』




久しぶりの あなた がいない学校。
家が隣だから 知ってはいたものの ⋯


やっぱり 寂しい。











長尾「 みっちー 」

『 ん、? 』

長尾「 さびしい? 」

『 ⋯⋯ 別に 』

長尾「 嘘やん 」

『 めちゃ真顔やめ 』



こいつは 長尾

小学校からの 幼なじみで、



信用は、できる存在。


あなた と仲がいいから、


嫉妬する存在でもあるけど








長尾「 そんな 素直じゃないみっちーに ニュース! 」

『 は? 』

長尾「 じゃーん 」

佐藤《 駿くーん!! 》

『 え、』
 



長尾が みせてくれた 画面の中には あなたが。
冷えピタはってるし、


マスクしてるし、


見覚えのある部屋だし ⋯






『 は、え? 』

長尾「 テレビ電話 ~ ! 」

『 ちょっとまて、長尾 いつあなたと 交換した? 』

長尾「 え?幼なじみだよ? 」

佐藤《 結構前から 交換してたよ ~ 》




いや、まあ、小学校から この3人でいたけど、
いたけど ⋯

なんか、モヤモヤする


けど、その モヤモヤ 以上に、
あなたが愛しい。


画面の 向こうで ひらひら手を振る姿に

きゅん とする。


今すぐ 実物を抱きしめたい。





長尾「 僕への 嫉妬があるけど それ以上に あなたに会いたいんやろ? 」←

佐藤《 え ~ !! 駿くん可愛いっ 》

『 うるさ 』

長尾「 図星 」

『 と、とにかく、見舞い行くから! 』





俺の部屋 から あなたの部屋 までは

1分も かからない。


窓から窓へ つたれば、10秒くらいで着く 近さだし。






佐藤《 うんっ!授業頑張れ ~ 》

男子「 あれ、佐藤さんの声?! 」

男子「 えっ、どこだ! 」

『 長尾っ!切れ! 』

長尾「 ばいばーい 」

佐藤《 うんっ! 》  プツッ





『 あぶね 』

長尾「 独占欲つよ 」

『 うるせぇ 』




今長尾に 切らせたのは 先生にちくられるから

とかじゃなく



あなたを他の男に 見せたくないから


長尾は 見る分にはいいとして(




あなた、結構 モテるし
 二股なんてしないとは わかってるけど、
なにかされんのが 怖い。



あの男子ら ゴミ同然 だし(






さて、授業 頑張ろ