無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

今日は 2人で お家デート🏠








『 駿くん! 構って? 』

駿佑「 やだ 」

『 なんで ~ ! 』

駿佑「 山田くん見てるから 」




駿くんは スマホを見てる。



なにわ男子っていう グループ に入ってるんだけど
その時は全然 キャラ 違うの!!!


まあ、それでも 大好きだけど





『 いつ終わるの? 』

駿佑「 わかんない 」

『 ぎゅーしてていい? 』

駿佑「 ⋯⋯⋯⋯ 勝手にどうぞ 」

『 やった!!!! 』





私は、駿くんの 隣から


勢いよく抱きつく。




いい匂い ⋯








何秒かすると、



駿くんがスマホ を 置いて、





抱きついてきた。











『 ⋯⋯ 駿くん 可愛い ~ 』

駿佑「 うるせぇ ばーか 」

『 私のこと好き? 』

駿佑「 好きじゃなかったら 抱きついてないし 」

『 私も駿くん すーき♡ 』

駿佑「 ⋯⋯ 誘ってんの? 」

『 え'' 』

駿佑「 ふは、嘘嘘。映画でも見る? 」

『 うんっ! 』








駿くん かわいい ~ !!!!!



こういう所があるから、


ずっと一緒にいたいんです🥰