無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

『 これとか、駿くん 似合うよ !! 』

駿佑「 ん ~ ??? 」

『 これで オソロに しよっ 』

駿佑「 俺これがいい 」

『 どれ ~ ??? 』




服屋さんで ペアルックの 服を みる。




2人で 話していると、


ぐぅ とお腹がなった。









『 ⋯⋯⋯⋯ 』

駿佑「 あほか 」

『 お腹減ったぁ ~ 』

駿佑「 はいはい、そこらへんで 待ってろ 」

『 駿くん すーき♡ 』







駿くん は 近くの クレープ屋さんへ 向かう。



座るところがないから、


近くの 人の邪魔にならなくて 四角に なるところで


駿くんの 帰りを待った。