無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話


今世間は こんな状況で
いつもみたいに 駿くんと らぶらぶできないので
皆さんには 私たちの馴れ初めを話そうと思います!










まず、幼稚園の時。
この頃からいっつも一緒にいました (笑)
この時はまだ駿くん 塩じゃなくて。
両思いだったから らぶらぶ… してた( )







『 おーきくなったら しゅんくんのおよめさんになる! 』

みちえだ「 うん!ぼくもあなたちゃんをしょーらいのおよめさんにする! 」




母からの話だと、一日に一回はこの言葉を言ってたそうです。
駿くん まだちっちゃくて 可愛いな〜 ♡


















次は 小学校。
 謙杜くん、駿くん、私の、3人で いることが多かったです。

相変わらず仲は良くて…
あ、けど この時くらいかな?塩になったの (笑)

けど、ほかの男子とかに虐められたら 駿くんは助けてくれるから
 この時も変わらず大好きでした。

けど、まだ そんな らぶらぶではない!!!
付き合ってはいないし〜 (笑)

印象に残ってるのは…
あの時かな。

男子たちに、お母さんに買ってもらった
モフモフのペンポーチで 遊ばれた時。









男子1「 うわっ、きもちわり 」

『 そ、そんなことないじゃん。かわいい… じゃん 』

男子1「 えー、こんなんがかわいーんだ 」

『 か、返してよっ 』

男子1「 … へーい パス!(ペンポーチ投げる) 」

『 あ、ちょ、』

男子2「 ほーいキャッチ!!返してほしーんなら奪ってみろよー!!! 」

『 あ、ねえ、やめて… 』

男子1「 え、お前泣いてんの? 」

男子2「 うわー、なきむしー!!!! 」

『 っ… 道枝「 おい、なにしてんだよ 」



この時の駿くん イケメンだった。うん( )



男子1「 うわ、しゅんすけ… 」

道枝「 それあなたのでしょ?返せよ 」

男子2「 … ちぇっ、つまんねーの 」

道枝「 次 あなたになんかやったら 先生にいうからな 」

『 駿く… 』

道枝「 ほら、帰るぞ あなた 」

『 …… うんっ!!!!! 』



あの男子 今頃 なにしてるのかな〜 (笑)
うん、けどやっぱ イケメン( 2回目 )







次は… 中学生の時!!!!!!
運命… っていうか、なんだろ



告白された時… ですね、はい