無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

670
2021/08/14

第67話

𓀥







私、あなたは今年20歳。彼氏無し。バイト掛け持ち。推しに全力を注ぐ関東生まれの女だ。







推しは「みやかわくん」
知ってる人もいれば、知らない人も居るだろう。
高校一年からずっと追いかけて早4年。
ライブ、リリイベ、等には必ず足を運ぶ。
私は強運らしく、ほとんどのライブの整番でAの30番より後ろは出たことが無いのだ。
グッズはとりあえず全て買う。
リリイベでもCDを積んでお話会をループする。
そのおかげで結構前に夢の「認知」をもらった。




you
みやっ
大聖
大聖
おっ!…え????
大聖
大聖
待って
you
 …??
大聖
大聖
いつも来てくれる子だよね…?
you
うそ…覚えてるの??
大聖
大聖
覚えてるよ(笑)
大聖
大聖
名前知りたい
大聖
大聖
なんて言うの??
剥がし
you
あっ…
you
もう1回くる!


2回目
私が行くとすぐに気づいて
大聖
大聖
名前!!
大聖
大聖
なんて言うの??
you
あなた
大聖
大聖
あなた…?
大聖
大聖
かわいい
you
覚えててよね?
大聖
大聖
分かった覚えとく




ってな感じになった。
その日は他に予定があったから2枚分しかお話会出来なかったけど、十分。

私がこんなに貢げてるのは全てバイト。
高校からバイトばっかりだったからもう接客には慣れたもん。


今月から新しいバイト増やした。
ちょっと興味本位でウーバーに
飽きたらすぐに辞めるそういう気持ちでね。




おっと、早速注文が
「宮川様」
you
推しと同じ苗字だ

何か同じの見つけたら反応してしまう。
これがオタク。

お店に行って商品を受け取る。
住所を見て早速そのマンションへ行く。
マンションのエントランスで乱れた髪をささっと整える。
インターホンを押すと数秒後にピピッという音がなり自動ドアが開く。
エレベーターで上に登り、ドアの前に立つ。
再度インターホンを押しドアが開くまで待機する。
ガチャ
you
こんばんは

中から男性が出てきて、マスクに髪はノーセット。
見ただけで分かるイケメン臭。
どこかしら嗅いだことのある香水が鼻にきた。
you
お待たせしました
大聖
大聖
あ、ありがとうございますっ
商品を渡す。
you
では
ガチャ
私はあの人が推しだと気づかずその場を立ち去った。


大聖
大聖
どこかで会ったような…?






数日後
今日もウーバーのバイト。
ピコン
早速通知がくる。


「宮川様」
また???(笑)
you
世間は狭いな
でもまたあの人に会えるとなるとちょっと嬉しい。
ワンチャン推し?とかも考えたが流石に世間狭すぎ。

商品を受け取り、マンションへ入る。
上に行きドアの前でインターホンを鳴らした。


ガチャ
you
こんばんは
you
って…え???
顔を見た瞬間止まった。
今日マスクしてないって思ったら、4年間見てきたあの顔が目の前にいる。
大聖
大聖
ありがとう
ぼーってしてたら商品を持ってかれた。


大聖
大聖
ねえ
大聖
大聖
あなたちゃんでしょ
you
…っ?!??
キョドっていると
1歩ドアの外に出てきた。
顔が近づいてきて
マスクを右手で下げられた。



大聖
大聖
ほら(笑)

その笑顔が眩しすぎて吸い込まれそう。
大聖
大聖
ねえ入って
you
え…でも誰かに見られちゃう
大聖
大聖
いいから


腕を掴まれて中に入ってしまう。
ガチャ
you
でもまだバイト中だし…
大聖
大聖
もう終わりの時間でしょ??

iPhoneを取り出して時間を確認する。
you
あ…ほんとだ


家の中は大聖の匂いしかしない。
こんなことってあるんだ。
またまた行った家が推しの家だなんて。
you
あ、名前
you
覚えててくれたんだ
大聖
大聖
覚えるって言ったでしょ?







┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

お久しぶりです( ¨̮ )
書きたくなったので書きました途中ですがm(*_ _)m
総閲覧数13万とかえげつない事になってました。ありがとうございます( ¨̮ )