無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

第二話
五条 悟
五条 悟
「あなた、君さ呪術師にならない?」
(なまえ)
あなた
「・・・・へ?」
五条 悟
五条 悟
「君、呪術師の素質あるみたいだから」
(なまえ)
あなた
「・・・」
五条 悟
五条 悟
「あなた、君はどうしたい?」
(なまえ)
あなた
「・・・・私は、やってみたい」
五条 悟
五条 悟
「じゃあ、決まりだね」
(なまえ)
あなた
「そういえば貴方の名前は?」
五条 悟
五条 悟
「あれ?言ってなかったけ?」
(なまえ)
あなた
「はい」
五条 悟
五条 悟
「僕の名前は五条悟。よろしく!」
(なまえ)
あなた
「こちらこそよろしくお願いします。五条さん」
五条 悟
五条 悟
「とりあえず家まで送るよ」
(なまえ)
あなた
「!」
五条 悟
五条 悟
「どしたの?」
(なまえ)
あなた
「・・・いえ」
五条 悟
五条 悟
「とりあえず、家何処?」
(なまえ)
あなた
「・・・こっちです」
五条 悟
五条 悟
(どうしたんだろ)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(なまえ)
あなた
「・・・・此処です」
五条 悟
五条 悟
「此処、橋の下だけど」
(なまえ)
あなた
「ええ。此処が私の家です」
五条 悟
五条 悟
「本気?」
(なまえ)
あなた
「はい」
五条 悟
五条 悟
「…家族は?」
(なまえ)
あなた
「いません」
五条 悟
五条 悟
「親戚とかは?」
(なまえ)
あなた
「捨てられました」
五条 悟
五条 悟
「・・・・あなた」
(なまえ)
あなた
「はい」
五条 悟
五条 悟
「その痣どうしたの?」
(なまえ)
あなた
「ッ・・・!」
五条 悟
五条 悟
「・・・・」
(なまえ)
あなた
「五条さん隠れて」
五条 悟
五条 悟
「え?」
(なまえ)
あなた
「いいから早くっ!」
五条 悟
五条 悟
「う、うん・・・」
(なまえ)
あなた
「・・・・来た」
モブ
「あれ?今日は起きてたんだ」
(なまえ)
あなた
「・・・・」
モブ
「だんまりか」
ドカッ
(なまえ)
あなた
「うぐっ・・・・」
モブ
「オラオラッ!」
ドカッ バキッ
(なまえ)
あなた
「げほっ・・・やめて・・・・」
モブ
「やめるわけねえだろ」
(なまえ)
あなた
(駄目だ・・・これじゃ・・・)
モブ
「あははは!」
(なまえ)
あなた
(五条さん隠れてくれたかな・・・)
モブ
「死ね!」
(なまえ)
あなた
「っ」
パシッ
モブ
「あ?」
(なまえ)
あなた
「え・・・・?」
五条 悟
五条 悟
「君~それはちょっと見過ごせないなあ」
(なまえ)
あなた
(五条さん!?)
モブ
「誰だてめえ」
五条 悟
五条 悟
「それより君。死にたくなかったら此処を去って」
モブ
「は?」
五条 悟
五条 悟
「早く、それとも君は死にたいのかな?」
モブ
「く、くそっ!」
(なまえ)
あなた
「・・・」
五条 悟
五条 悟
「大丈夫?あなた」
(なまえ)
あなた
「・・・ごめんなさい」
五条 悟
五条 悟
「どうして謝るの?」
(なまえ)
あなた
「巻き込んでしまったから」
五条 悟
五条 悟
「気にしないで」
(なまえ)
あなた
「でも・・・」
五条 悟
五条 悟
「大丈夫、大丈夫」
(なまえ)
あなた
「・・・ありがとうございます」
五条 悟
五条 悟
「さて、とりあえず今日はホテルに泊まって」
(なまえ)
あなた
「はい」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
うp主
うp主
「呪術廻戦ハマりましたw」
うp主
うp主
「ではまた次回」
うp主
うp主
「またね」